【一噌流】有料動画配信開始(笛三流派 宝生流和久荘太郎 舞物集)

「能楽笛三流派 宝生流和久荘太郎 舞物集」の【森田流】【藤田流】に続き、【一噌流】の有料動画販売を開始いたしました。これで、有料動画販売に関しては、三流派全て揃ったことになります。以下のサイトをご覧下さい。

https://vimeo.com/hoshowaku/vod_pages

購入マニュアル動画はこちらhttps://youtu.be/VD7K7nI7uug

 

【収録曲目及び販売価格(全て税込)】

カギカッコ内は想定曲

1 中之舞(太鼓物)「胡蝶」1,000

2 男舞(達拝掛リ)「小袖曽我」1,000

3 男舞(山伏掛リ)「安宅」1,000

4 男舞(破掛リ)「小督」1,000

5 神舞(三段)「弓八幡」1,000

神舞(五段)「高砂」1,000

7 早舞「絃上」1,000

8 序之舞(大小物)「江口」1,200

9 神楽(序無シ)「巻絹」1,200

10 楽(大小物・富士太鼓ノ掛リ)「富士太鼓」1,200

11 翔(狂女物)「玉葛」800

12 舞働「竹生島」800

13 破之舞(大小物・イロエ掛リ)「松風」800

14 破之舞(太鼓物)「胡蝶」800

15 羯鼓 「花月」1,000

16 盤渉楽(太鼓物・邯鄲掛リ)「邯鄲」1,800

以上16

単品での購入とは別に、16曲セット販売もあり、特典映像が付いて販売価格15,000円(1,600円引き)。

Blu-ray及びDVD16曲+特典映像+各曲に対しての私のコメント及び三流派収録曲目録の冊子付き。販売価格17,000円)は12月初旬に販売開始致します。販売開始しましたら、当ブログにてお知らせ致します。

コロナ禍でのお稽古や、お囃子のお稽古にお役立て下さい。または鑑賞用にもお求め頂けたらと思います。

出演者は、

シテ 和久荘太郎

笛 一噌幸弘

小鼓 田邊恭資

大鼓 亀井洋佑

太鼓 大川典良

 

【一噌流】版には、基本的なものを揃えました。特殊なものを見たい場合は、【森田流】【藤田流】版をご覧ください。


【藤田流】版、販売開始しました!(能楽笛三流派 宝生流和久荘太郎 舞物集)

「能楽笛三流派 宝生流和久荘太郎 舞物集」の【森田流】に続き、【藤田流】の有料動画販売を開始いたしました。以下のサイトをご覧下さい。

https://vimeo.com/hoshowaku/vod_pages/page:1/sort:date

購入マニュアル動画はこちらhttps://youtu.be/VD7K7nI7uug

【収録曲目及び販売価格(全て税込)】

カギカッコ内は想定曲

1 中之舞(大小物・急之舞)「紅葉狩」1,000

2 男舞(達拝ガカリ)「七騎落」1,000

3 男舞(山伏ガカリ)「安宅」1,000

4 男舞(破ガカリ)「敦盛」1,000

5 神舞(三段)「養老」1,000

6草之神舞「右近」1,000

7 早舞(泣ガカリ)「海人」1,000

8 序之舞(太鼓物)「羽衣」1,200

9 神楽 「龍田」1,200

10 楽(太鼓物・邯鄲ガカリ)「邯鄲」1,200

11 翔(特殊なもの)「女郎花」800

12 舞働(特殊なもの)「船弁慶」800

13 破之舞(大小物・イロエ掛リ)「松風」800

14 破之舞(太鼓物)「羽衣」800

15 羯鼓 「放下僧」1,000

16 盤渉楽(大小物)「天鼓」1,800

以上16

単品での購入とは別に、16曲セット販売もあり、特典映像が付いて販売価格15,000円(1,600円引き)。

Blu-ray及びDVD16曲+特典映像+各曲に対しての私のコメント及び三流派収録曲目録の冊子付き。販売価格17,000円)の販売も11月中に開始致します。販売開始しましたら、当ブログにてお知らせ致します。

【藤田流】版には、比較的特殊なものを収録しています。例えば、中之舞は途中から鬼の本性を表す急之舞。『女郎花』特有の翔や『船弁慶』特有の長刀を振るう舞働。また、宝生流特有の「大小物(太鼓が入らない)」の盤渉楽。あとは、シテは中之舞を舞うのに、囃子は男舞を演奏する『敦盛』。

コロナ禍でのお稽古や、お囃子のお稽古にお役立て下さい。または鑑賞用にもお求め頂けたらと思います。

出演者は、

シテ 和久荘太郎

笛 竹市学

小鼓 船戸昭弘

大鼓 大倉慶乃助

太鼓 澤田晃良

藤田流は名古屋独自の流派。竹市師の素敵な音色をご堪能ください。


『翁』を舞わせて頂きます(1月10日(日)月波能特別会 宝生能楽堂)

明年110日(日)宝生会「月波能(月並能改め)」にて、『翁(おきな)』を披かせて頂く運びとなりました(上記チラシをクリックして下さい)。

『翁』は、「能にして能にあらず」といわれる、儀式的な曲で、古来能役者ではなく神官などの宗教者が勤めていたものを、能役者が代わって勤めるようになり、初めは座(今でいう「流派」)の長老が勤めていたものを、能の中興の祖・観阿弥親子が初めて座の太夫(たゆう。今で言う「家元」)が舞い勤めたのを初めとして、代々家元のみが勤めてきたものですが、近代に入り、宝生流では弟子家(家元直属の職分能楽師)にも勤めさせて頂くようになりました。現在でも、ほとんどの流派は家元または分家筋のみが勤めることになっています。

また、この曲を勤めるにあたって、「別火精進」という、いわゆる精進潔斎を、本番約1ヶ月前より禁肉食・禁酒などをして心身を清め、当日は、舞台上で翁面を掛けることによって、神職ではなく「神」自体になり、天下泰平、国土安穏を祈る、という、私にとってはおこがましく畏れ多いお役です。

このようなことで、一世一代のお役をこの度頂戴し、おそらく二度と舞うことはありませんので、このような時世ですが、もし宜しければ皆皆様お運び頂けましたらと存じます。

一般販売は、1114日(土)10時開始。

また今回、宝生会の番組編成が大幅に変更されてからの初めての会で、「月波能特別会」といわれるだけあって、番組が大変豪華です。

『翁』の他、『葛城・大和舞(家元)』、『烏帽子折(武田孝史)』、また『翁』の三番叟を野村萬斎氏ご子息・裕基氏が勤め、また野村万作・萬斎親子による狂言『鶯』。

 また今回特別に『翁』に、「烏帽子之祝儀」という小書(特殊演出)がつきます。これは烏帽子の祝言の謂われを三番叟が語るもので、今回「烏帽子折」が留に上演されることからこの小書が付きました。私自身、このような小書は初めて聞きました。これも見ものです。

 

以下に席種と料金をお知らせいたします。

【税別料金ですのでご注意下さい】

S席 12,000円(正面席)

A席 10,000円(正面席後方及び左側)

B席 9,000円(脇正面席)

C席 8,000円(中正面席)

自由席 6,000円(脇正面席後ろ及び正面席右側一部)

※学生は全種1,000円引き。

11月14日(土)10時より一般販売開始。チケットのお申し込みは、宝生能楽堂オンラインチケットサービスまたは、宝生会事務局(03-3811-4843)までお願い致します。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。


仕舞『玉之段』を舞います(第33回としま能の会)

12月18日(金)「第33回としま能の会」にて、仕舞『玉之段』を舞わせて頂きます。

復曲能『大般若』観世喜正、『萩大名』野村萬他。超豪華メンバーのなか。ありがたいことです。埋もれぬように張り切ってまいります。

会場は池袋に新しく出来た、「東京・東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)」。

 

皆さまのご来場をお待ちしております。


【一噌流】も無事撮影終了!(「能楽笛三流派 宝生流 和久荘太郎 舞物集)

「能楽笛三流派 宝生流 和久荘太郎 舞物集」の【一噌流】の撮影も、一昨日無事終了しました。

〈出演〉

シテ 和久荘太郎

笛 一噌幸弘

小鼓 田邊恭資

大鼓 亀井 洋佑

太鼓 大川典良

 

販売開始は、11月下旬の予定です。


鏡の間にて(豊田市能楽堂『葵上』)

昨日は、豊田市能楽堂にて能『葵上』のシテを勤めました。鏡の間にての一コマ。ツレ(照日の巫女役)の内藤飛能さんと一緒に。衣斐愛さん撮影。

本来鏡の間は神聖な場所で、写真撮影などはどうかと思う反面、たまには楽屋裏もチラリとお見せしようかと。自分で言うのも憚られますが、貴重な写真です。


能『葵上』を舞います(10月15日木曜日豊田市能楽堂)

豊田市能楽堂にて、来月1015日木曜日1830分開演の催しにて、能『葵上』のシテを勤めます。詳細は下記をクリックして下さい。

https://www.t-cn.gr.jp/6818/

解説と能を含めて1時間という構成の、初心者向け講座で、料金も一般1,000円、25歳以下500円、という破格の値段です。もし宜しければご来場下さい!


販売開始!「能楽笛三流派 宝生流 和久荘太郎 舞物集【森田流】」

「能楽笛三流派 宝生流 和久荘太郎 舞物集【森田流】」を本日より販売開始いたします。

【収録曲目及び販売価格(全て税込)】

※カギカッコ内は想定曲

1 中之舞(大小物・イロエ掛リ)「松風」1,000

2 男舞(答拝掛リ)「小袖曽我」1,000

3 男舞(山伏掛リ)「安宅」1,000

4 黄鐘早舞 「松虫」1,000

5 神舞(三段)「高砂」1,000

6 神舞(五段)「養老」1,000

7 早舞(融ノ掛リ)「融」1,000

8 序之舞(大小物)「東北」1,200

9 神楽 「三輪」1,200

10 楽(大小物)「天鼓」1,200

11 翔(修羅物)「経政」800

12 舞働 「鞍馬天狗」800

13 破之舞(大小物・イロエ掛リ)「野宮」800

14 破之舞(太鼓物)「胡蝶」800

15 羯鼓 「花月」1,000

16 盤渉楽(太鼓物)「唐船」1,800

以上16

単品での購入とは別に、16曲セット販売もあり、特典映像が付いて販売価格15,000円(1,600円引き)。

購入ページは、こちらをクリックしてください。https://vimeo.com/hoshowaku/vod_pages/

購入マニュアル動画はこちらhttps://youtu.be/VD7K7nI7uug

10月上旬より、Blu-ray及びDVD16曲+特典映像+各曲に対しての私のコメントしおり付き。販売価格17,000円の予定)の販売も開始致します。購入方法は後日、当ブログにてお知らせ致します。


能「呉服」無事 済みました(五雲会)

本日、五雲会(宝生能楽堂)にて能「呉服」、おかげさまで無事舞い勤めることができました。ご来場ありがとうございました。

 

 

機台(はただい)の作り物。本来、「作物出(つくりものだし)」の小書(こがき。特殊演出のこと)の際に出すもので、今回は小書無しでしたが、家元のご判断により特別に出すことに。五色の糸が美しく、舞台効果が高いと思います。

 

現在のこの機台は、宝生流の先輩、東川 光夫氏が先代の家元(宝生英照師)の依頼により25年程前にお作りになったもの。流儀の古い作り物の書き付けでは、五色の糸がもっと機台の全体に掛かっていて、シテはその作り物の前に座る構造でしたが、英照先生の指示で機台の中に座れる構造に改良して作られた、と記憶しております。

 

「作り物」の定義は、演能の度に作って、能が済めば壊す、ということ。これも、今回内弟子さんが苦労して作ってくれましたが、この後あえなく解体される運命にあります。もったいないですね。

 

この作り物は、学生の演能会で初お目見え。英照先生のシテ、東川氏のツレで「作物出」の小書付きで、後シテは相舞(あいまい。シンクロで舞う)でした。

当時、内弟子修行中だった私は、そのときの演能の詳細を事細かに記録してあり、その書き付け(メモ)が今回「呉服」を舞うにあたって大変役立ちました。メモは財産ですね。

 

数年内に再度舞う機会があれば、今度は「作物出」の小書で、ツレとの相舞で勤めさせていただきたいと思いました。


『能楽笛三流派 宝生流 和久荘太郎 舞物集 森田流』

文化庁の「文化芸術継続支援事業」の助成を頂き、『能楽笛三流派 宝生流 和久荘太郎 舞物集』を撮影しました。

近日、『森田流版』の販売を開始いたします。販売方法は、後日お知らせいたします。有料動画配信及び、DVDにての販売予定です。

収録内容は、以下の通り。

 

中之舞(大小物・イロエ掛リ)・男舞(答拝掛リ)・男舞(山伏掛り)・黄鐘早舞・神舞(三段)・神舞(五段)・早舞(融ノ掛リ)・序之舞(大小物)・神楽・楽(大小物)・翔(修羅物)・舞働・破之舞(大小物・イロエ掛リ)・破之舞(太鼓物)・鞨鼓・盤渉楽(太鼓物) 以上16曲。

 

舞の稽古や、お囃子の稽古のご参考に。鑑賞用にもお求め頂けましたら幸いです。販売方法は、後日お知らせいたします。

 

一噌流・藤田流も続いて販売予定。ご期待ください。