能楽第二回「飛座」公演 【延期】

明後日土曜日10月12日開催予定の「能楽第2回『飛座』公演」(内藤飛能師主催)は、延期する、とのお知らせを、先程内藤飛能師ご本人からご連絡頂きました。

 

ギリギリまで悩んでの苦渋の決断だと思います。お客様や出演者の安全を最優先にお考えになったことと思います。気を揉んだことでしょう。

本来、私のブログで率先してお伝えすることではないことは重々承知しておりますが、私も先日のブログでご紹介しておりますのと、私の社中でもチケットを買って頂いておりますので、広く、迅速にお伝え出来るように、取り急ぎこの場で僭越ながらお知らせ致します。


能『班女』を舞います(12月14日土曜日宝生能楽堂「五雲会」)

来る12月14日(土)、宝生能楽堂「五雲会」にて、能『班女(はんじょ)』を舞います。詳細は、上記画像をクリックしてご覧下さい。

 

先日の演能空間の『烏帽子折』は大曲ですし、12月22日(日)横浜能楽堂にて頂いたお役の『羽衣』も能の代表曲であり、有難くも大変なことですが、実はこの『班女』が先の2番に劣らず、「能」としての表現が誠に難しい、情感の深い曲です。

 

狂女物と鬘物(三番目物とも)両方の要素を備え、しかも、笹を持つ他の狂女物とは雰囲気を異にする『班女』。恋人と別れに際して交換した、形見の扇に対して、静かな、しかし強い執心があります。「扇物狂い」とも言われる所以です。

他の狂女とは違い、失われた子供をたずね歩くのではなく、吉田少将(よしだのしょうしょう。ワキ)という高貴な男性を恋うる遊女。ワキにも、品位が要求されます。

初役です。深い考察の上稽古を重ねて本番に臨みます。

この『班女』と、1週間後の『羽衣』は、この曲の為に自分用に仕立てた「箔」という金箔を置いた着付の装束を下ろします(昨年10月17日の当ブログ参照)。1年半、桐箪笥で寝かせました。楽しみ。

入場料5,000円(学生2,500円)

チケットのお申込み、お問い合わせは、当ホームページ内お問い合わせまで。


【訂正】夜語りの会 完売です

前回の投稿で、明日9月27日金曜日の「夜語りの会」のチケット残りわずか、と申しましたが、既に完売だそうです。

訂正致します。


仕舞『鍾馗』を舞います(9月27日金曜日「夜語りの会(夜能特別公演)」宝生能楽堂)

今日は、明日(9月27日)が本番の夜能特別公演「夜語りの会」の申合せと、明後日(9月28日)が本番の芝宝会(しほうかい。佐野 登師御社中発表会)の申合せ。

 

「夜語りの会」にて、私は仕舞『鍾馗(しょうき)』を舞います。

最近あまり見なくなりましたが、五月人形の鍾馗様がシテ。国家試験に落第して、階段に頭を打ち付けて憤死した鍾馗。今は悪心を翻して、国家と皇帝を守る神となります。

 

鬼の能。私は、10年前にこれを能として勤めました。仕舞も涌宝会大会にて番外仕舞として11年前に勤めております。

 

明日18時半開演。詳細はこちらをご覧下さい。私は、能『邯鄲 傘ノ出』(シテ 野月 聡)の主後見も勤めます。

チケットは残りわずかのようです。


能楽第二回「飛座」公演(10月12日土曜日名古屋能楽堂)

来たる10月12日土曜日、名古屋能楽堂にて、内藤飛能師主宰の個人演能会「飛座」の第二回公演が開催されます(詳細は上の画像をクリックしてご覧下さい)。

 

私が主宰する「和久荘太郎 演能空間」と同じく、催しの企画、配役、運営、広報、チラシデザイン・印刷、チケット印刷、チケット販売などのほか、申合せ(リハーサル)、本番の役者の弁当の手配、出演者への謝金の支払い、公演後の税金の支払いなどなどの、全ての雑用を自分でやる、リサイタル公演。

私は、これらを妻と2人でやっているので、飛能さんのご苦労が能く分かります(案外、事務員がやっていると思っていらっしゃる方が多いのです)。

飛能さんにはまだ小さいお子さんが3人いますから、そのようななかで奥様も大変なご苦労だろうと推察しています。

同じ志を持つ者として、応援しております。皆さま、ご予定いただきぜひご来場下さい。チケットのお求めは、上記のチラシの申し込み先まで。

 

飛能さん自身は今回の飛座にて、2番能を勤めます。半能『西王母』はご長男の瑞駿(みずはや)さんと。能『八島』は義経の能。気合いの入った舞台が観られることでしょう(私も後見や地謡で出演)。

 

来週9月23日の「演能空間」の能『烏帽子折』では、後半、飛能さんは「若武者」という重要な役にて、私の熊坂長範(くまさかのちょうはん)役と、夜討に関しての相談をセリフの掛け合いで繰り広げ、しかも牛若丸に対して一番に斬って出ます(そして一番にやられてしまいます‥)。

どうぞお楽しみに!


『羽衣』(12月22日横浜能楽堂)チケット残り少なく

今日は、夕方から能『烏帽子折』(9月23日第6回 和久荘太郎 演能空間)の申合せ。全役者が揃い、最終リハーサルです。

 

先日の当ブログでご紹介した、12月22日(日)横浜能楽堂にて能『羽衣』を舞わせていただく、『眠くならずに楽しめる能の名曲』という催しですが、9月7日の一般販売開始以来売れ行き好調で、このままだと近々完売に届く勢いだそうです。まだ先のことで、ご予定が立てにくいとは思いますが、できるだけ早くのお申し込みをお勧めいたします。

お申し込み、お問い合わせは、横浜能楽堂 電話045-263-3055 http://ynt.yafjp.org


松実会(石黒 実都師同門会)

今日は、日帰りで大阪・山本能楽堂にて、大阪市在住の石黒実都師のご社中発表会「松実会(しょうじつかい)」の助演。終演後、沢山の興奮冷めやらぬお弟子さんのスピーチあり、フラダンスありの楽しい懇親会にてご馳走になり、帰途についております。

実都さんは、私が東京藝大に入学時の修士1年生。学生時代から可愛がって頂きました。お互い辰巳孝師(辰巳満次郎師のご尊父)の同門であったので、西荻窪にあった師の稽古場に共に通った時期もあり良い思い出。

実都師のご尊父・故石黒孝師にも、私が高校生の時から名古屋と大阪の楽屋でお世話になり、幅広く教えて頂き、可愛がって頂きました。

そのお孫さんの石黒空(そら)くんが、東京藝大に本年入学されて、この道を本格的に歩もうとしています。今日の松実会にも、玄人の卵として地謡の端に座り、頑張っていました。

この子に、お祖父様から教えて頂いたことどもの一端を伝えなければ。

このようにして、代々の家と芸の継承とともに、恩返しの連鎖も脈々と続いていくのでしょう。

本日の能『絵馬』のシテの阿部様は、なんと9回目のシテ役!しかも面打ち(能の面は「作る」ではなく「打つ」と言い習わします)もなさっているので、毎回ご自分で打たれた面(おもて)を掛けてシテを舞われるという贅沢!

天照大神(アマテラスオオミカミ)役をめでたく演じられました。

私も、来年新年1月26日(日)に名古屋宝生会定式能にて、能『絵馬』を勤めますので、副地頭を勤めながら勉強させて頂きました。

また今回、阿部様は面ばかりでなく、『絵馬』の作り物(舞台装置)もご自身でお作りになりました。折りたたみ可能の素晴らしい出来!『絵馬』の作り物は当曲専用のかなり手の込んだ特殊な作りをしたお宮で、名古屋能楽堂では持っていない為、私が勤める折には阿部様の作品を拝借することに致しました。

来年の松実会は、鹿児島にて周年記念の大きな催しになるとのこと、楽しみにしております。


能『羽衣』を舞わせていただきます

 

本年(令和元年)12月22日(日)、横浜能楽堂主催の「眠くならずに楽しめる能の名曲」と題した普及公演にて、能『羽衣』を舞わせていただきます(詳細は、上記画像をクリック、または、関連ホームページをご覧下さい)。

明日の9月7日(土)一般販売開始。

横浜能楽堂館長のお話「本当は怖い羽衣」も興味深いですね。

今回、番組を能くご覧頂くと驚かれると思いますが、シテの私以外の出演者は全て(ワキ・囃子・地謡など)大先輩の名手ばかり。このようなメンバーで『羽衣』を舞わせて頂くことは有難いことです。

これで眠くなったらきっと私のせいでしょう。

ご来場を心よりお待ちしております。

チケットのご予約はお早めにお願い致します。


『草紙洗』『芦刈』能評(能楽タイムズ)

先々月に勤めた、能『草紙洗』(名古屋能楽堂)と、能『芦刈』(豊田市能楽堂)の能評を、能楽タイムズ(令和元年9月号)に載せて頂きました(杉山女学園 飯塚恵理人教授)。上記画像をクリックしてご覧ください。


能『清経』のツレを勤めます(長良川薪能)

今週金曜日の8月30日、第33回長良川薪能にて、能『清経』のツレを勤めます(シテ 宝生和英)。

詳細は、上記チラシをクリックしてご覧ください。

山姥・芦刈・草紙洗などと並ぶ、座ることに関してかなり辛抱がいるツレ役。こういうツレは久しぶりなので覚悟が要ります。

平清経の妻役。清経の入水(じゅすい)を知った妻は嘆き悲しみまどろみますが、夢か現か、清経の幽霊が現れます。妻は、清経が自ら命を絶ったことをなじります。

私は、このツレは4回目。最後にこの役をやったのは、結婚より大分前の平成13年(今から18年前!27歳!)。稽古していて、結婚前にこの役をやるのと、結婚後の今やるのとでは、役柄の腑に落ち方が違うように感じます。ツレは、シテの邪魔になるような過剰な感情表現はあまりやってはいけないのですが、全く何もやらなくてもダメ。同じ格好のツレでも『土蜘』の小蝶などとはわけがちがいます。

年を重ねるほど、つくづく「ツレは難しい」と実感します。

入場無料です。お運びください。