第13回 ユネスコ記念能 能『海人』

ユネスコ記念能

チラシpdf

 

本日よりちょうど1か月後の9月30日(金)、能楽協会主催の「第13回 ユネスコ記念能」昼の部(14時開演)にて、能『海人』を勤めさせていただきます(上記チラシpdfをご覧ください)。

「立合能(たちあいのう)」と言って、世阿弥時代からある、各流(各座)の競演。
『海人(海士)』曲中の有名な舞い処・仕舞『玉之段(玉ノ段)』を、観世・金春・金剛・喜多各流にて競演し、留めに宝生流で玉之段を含む能『海人』一番を上演します。

このような機会を与えて頂いたこと、誠に光栄に存じ、お役を頂いた1年前から、気が入っておりました。

いよいよ1か月前。本腰が入ります。

長男の凜太郎にも子方(藤原房前役)のお役を頂き、親子ともに精進いたします。
(この度の親子でのお役を頂戴したことで、能『海人』の舞台である、讃岐国・志度寺にお参りに行ってまいりました。詳しくはまた後日当ブログにて)

昼の部S席はほぼ完売のようです。他の席はまだ若干余裕があるようですので、お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。


メガネ男子

荘凜太郎
メガネ男子二人。

あまりプライベートは出さないできたのですが、たまには・・・。

 

小学4年生にしてメガネくんになってしまいました。授業中だけ使うとのこと。

私自身は、高校1年からでした。もちろん、勉強のし過ぎ(いえいえ、ファミコンのやり過ぎ)。
当時、少しショックだったのを覚えています。

凜太郎は、台風の中喜々として眼鏡を作りに行きました。
それほどいやではないようです。

きっと、父親が普段眼鏡をかけているから、憧れていたのでしょう(?)。

来月は、親子で能『海人』を勤めます。

 


能楽堂リレー公演 能『葵上』

「能楽堂リレー公演2016」

の第4夜、9月16日(金)19時開演 宝生能楽堂にて、

能『葵上』のツレを勤めます(シテ 辰巳満次郎)。 

以下のプロモーションビデオをご覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=yc01Yn8REiQ&app=desktop

また、以下の毎日新聞掲載記事もご覧ください。
http://mainichi.jp/articles/20160820/ddm/014/040/017000c


能『歌占』舞台写真

去る平成28年6月19日名古屋宝生会定式能にて、能『歌占』を親子で勤めました。

 

歌占1
子方・幸菊丸 和久凜太郎

歌占2
生き別れた父親の行方を、占い師(シテ・渡会家次 和久荘太郎)に判じてもらう。まさかこれが父だとも知らず・・。

歌占3
親子邂逅の後、ツレの所望により地獄の曲舞を舞い、トランス状態のシテ。

歌占4
直面(ひためん。面を掛けないこと)

 

通常、『歌占』は宝生流では「若男」(または「今若」)という面を掛けるのですが、今回、熟考し、師匠とも相談の上、直面を選択させて頂きました。

伝書にも「直面ニテモ」とあり、過去に直面の例は数々有るのですが、いずれも年配の場合がほとんどのようです。

私は、若輩の上、『歌占』は初演ですので、「直面とは生意気」と受け取る方も恐らく少なからずいらっしゃることと思いますが、この曲のドラマトゥルギーを考えたときに、これは逆だろうと。若い役者だからこそ、面を掛けない方が効果が有ると思いました。

急死して地獄を見た後に生き返ったために、若いのに総白髪という、怪しい出で立ちでの、物売りのような登場シーンや、後半の、トランス状態で舞う地獄の曲舞、更に、神の責め苦に遭うシーンなどは、面を掛けていた方が効果が有り、また私などは面に助けられるところ(相貌が未熟の為)だと思いますが、中盤に、親子だと判明して、子を抱きしめるようなシーンでは、どうしても面が浮き、まるで幽霊の父親と対面しているように見えるのです(ちょうど『生田敦盛』の如く)。

ましてや、今回は本当の親子で勤めさせていただくという、おそらく一生に一度のチャンス。
ご批判を承知で、直面にさせて頂きました。

 

ただ後日・・・。親子が顔が似ているので、登場した途端、

 「(親子だと)バレバレじゃん。」

とある方からツッコミが入りました・・・。それではドラマになりませんわ。


NHK-FM 能楽鑑賞『歌占』 (平成28年9月11日)

来月、911()午前6時~655分、NHKFM「能楽鑑賞」にて、宝生流素謡(すうたい)『歌占(うたうら)』が放送されます。

 

『歌占』

シテ・佐野 由於
子方・和久凜太郎
ツレ・小倉 健太郎
地謡・和久 荘太郎 佐野玄宜 木谷哲也

 

ラジオ放送や素謡の場合、子方も大人が勤めるの通常なのですが、今回は、実際の子供の凜太郎が子方を勤めます。
昨日、渋谷のNHKにて無事収録が済んだところです。

放送当日は早朝のことですので、もしご都合宜しければ、予約録音などでお聴き頂けましたら幸いです。


「舞台のお知らせ」更新!

当ホームページ内、「舞台のお知らせ」を更新しました。

いくつか、新しいものが入りました。

来年のお役も、続々と決まってきておりますので、また改めてお知らせいたします。


涌宝会会員名鑑 7

菊池尚希
いりなかスクエアにて撮影

◆名前 菊池尚希

◆年齢 39歳

◆稽古歴 10年弱

◆居住地 愛知県岡崎市

◆稽古場 花朋会舞台                

◆現在稽古中の曲

 謡:『忠度』

 舞:『忠度』

◆芸歴 

 大学のサークルで始めて、4年目で能『春日竜神』のシテを舞いました。

涌宝会では仕舞『殺生石』『玉之段』『鵜之段』、舞囃子『熊坂』『源氏供養』『融』などをやって、先日の涌宝会夏季錬成会にて、舞囃子『忠度』を舞いました。

◆能の稽古の魅力

 平安時代や源平合戦を題材にした曲も多いので、曲中に和歌など中学や高校での古典の勉強が活きてくると「ニヤリ」とします。

扇を使って様々なしぐさや感情を表現することが、日常では絶対にやらないことなので刺激になります。

◆涌宝会の良いところ

 同年代の方が多く、それも男性、というのは、他の会ではほとんどないのではないでしょうか。

◆当ブログの読者さんへ

 舞台で良い緊張の中で大きな声を出し、動き回るのはとても良い運動です。

日常ではまず着ない紋付を着ることも日本の良さを味わっている感があり、

仕事から解放されてリフレッシュできます。

 


武蔵野大学能楽資料センター 公開講座(平成28年7月25日)

去る7月25日(月)、武蔵野大学能楽資料センター主催の公開講座、

『能・狂言とゆかりの寺』(全4回)

  「泉涌寺-またまた勃発!仏舎利盗難事件」

にて、三浦裕子氏(武蔵野大学文学部教授・能楽資料センター長)のご依頼により、生駒哲郎氏(武蔵野大学教養教育リサーチセンター研究員・東大史料編纂所・図書部史料情報管理チーム)との対談(実際は、司会役の三浦氏にも入って頂いての鼎談)をさせて頂きました。

能『舎利』をテーマに、仏教学者と能役者の立場から、仏舎利(釈迦の遺骨)に関して思うところを述べました。

なぜ私のような若造に白羽の矢が立ったかというと、本年5月に『舎利』のシテ(足疾鬼役。豊田市能楽堂「さつき能」にて)、12月14日にツレ(韋駄天役。囃子科協議会にて)、と、年に2回も能『舎利』に関わるという、珍しいことが三浦氏の目に留まったから。

 

公開講座20160725①
普段人前では、座りなれないので椅子は苦手です。

公開講座20160725⑤
約330名聴講のお客様。檀上は、左から三浦裕子氏、私、生駒哲郎氏。

公開講座20160725④
韋駄天(ツレ)の持つ、打杖(うちづえ)について。

公開講座20160725③
宝生宗家蔵・舎利珠。この中のどこに牙舎利(げしゃり。釈迦の歯の遺骨)を入れるのか、と生駒氏に質問。

公開講座20160725②
能『舎利』の一節を謡う。

 

私にとっては、身に余る機会を頂き、大変勉強になりました。

人前で話をすることが得意そうに見られるのか、年々このような機会を与えられることが増えているのですが、実は大の苦手。大変な誤解、買い被りです。
正直申して、出来れば逃げたいのですが、これも能楽と宝生流の普及、また、私自身の勉強の為、と自身の心を奮い立たせて挑んでいる次第です。

以下に、本年の武蔵野大学能楽資料センター公開講座の予定を。


平成28年度 武蔵野大学 能楽資料センター公開講座

『能・狂言 ゆかりの寺』

 ◆7/11(月) 延 暦 寺 ― 戦う僧侶・悪鬼退散

   殿田 謙吉 ワキ方宝生流能楽師

   三浦 裕子 本学文学部教授・能楽資料センター長

◆7/25(月) 泉 涌 寺 ― またまた勃発!仏舎利盗難事件

   和久 荘太郎 シテ方宝生流能楽師

   生駒 哲郎  本学教養教育リサーチセンター研究員・東京大学史料編纂所 図書部史料情報管理チーム

◆9/27(火) 西本願寺 ― 生きる歴史的能舞台

   片山 九郎右衛門 シテ方観世流能楽師・公益社団法人京都観世会会長

   金子  健    文化庁文化財部伝統文化課芸能部門文化財調査官・能楽資料センター研究員

◆10/31(月)清 水 寺 ― 祈る心・籠る人びと

   野村  萬 狂言方和泉流能楽師・日本芸術院会員

   池田 英悟 本学講師・能楽資料センター研究員

―――――――――――――――――――――――――――――――――

時間:午後2時40分~4時10分  開場:午後1時40分

会場:武蔵野キャンパス6号館 雪頂講堂  東京都西東京市新町1-1―20

聴講無料・予約不要

――――――――――――――――――――――――――――――――――


私以外の能楽師・狂言師は、いずれも超一流の方々。
さすが三浦裕子氏。良い企画の講座です。

私は、恥ずかしい限りでしたが、何とか無事(?)勤めました。