サイン・コサイン・タンジェント

人生で、初めてサインを頼まれました。

 

いえ、クレジットカードとか、宅急便受け取るときの、あれじゃありません。

例の、有名人がサインペンでサラサラと色紙や、差し出されたTシャツに書く「あれ」です。

不意をつかれたので、嗚呼、日頃から練習しておけば良かった、と悔やまれます。かのジャイアンも、いざというときの為に、日頃からサインの練習をしていました。

 

確かに、能楽師は芸能人であり、私は「東京芸能人国民健康保険組合」なるものにも所属しているのですが、サインを求めて頂いたのは初めて。

よくある、絵やハートなどと組合わせたような、何が書いてあるんだかわからない、チョットカッコいいものをサラサラ書いてしまおうかと思いましたが、4枚求められましたので、1枚目は適当に書けても、二度と同じものは書けないから、4枚とも全く違う仕上がりになってしまうだろうと瞬時に判断し、私なりの丁寧な文字で、フルネームを直球勝負で縦に真っ直ぐ書きました。

あて名も書いてほしいとのこと、よくありがちな「◯◯さん江」の「江」というのはなんだかこっぱずかしいので、きちんと「◯◯様」と硬派に。

 

あのタレントなんかが書く、ミミズがのさばったようなそれらしいサインは、皆さん自分で一生懸命、あーでもないこーでもないと考案するのですかね?なんだか、それもチョット恥ずかしいような‥。しかも、どの時期に?ちょっと売れ始めて、そろそろサイン頼まれるかなぁ、という時期に、色紙を山ほど購入して、ジャイアンのように密かに練習するのでしょうか。そして、誰もサインを求めてくれなかったら‥。

 

多分、そういうのを専門に考える方がいらっしゃるのでしょう。いや、そう信じたい。(私のも考えてほしい‼︎)

 

しかし、次回からはちゃんと書けるように用意しておかなければ。その次回はいつ来るのかわかりませんが。

いやまてよ、もし他の人(能楽師)が、同じように悩んでいたら、「そんな暇があったら(本業の)稽古しろ」と言ってしまうかも。

 

やはり、私は硬派の直球勝負サインでいこうと思います。


松島 遊覧船

前回の投稿にて、名東高校能楽研究部の、みやぎ総文祭出場をご報告しました。

その本番の前々日に、総合リハーサルがあった為、都合3日間、宮城県多賀城市に高校生と顧問の先生方と共に滞在しました。

中日の2日目は、やはり朝から全員が稽古に励んでいましたが、舞囃子『船弁慶』の、既に高校生として出来る範囲のことを更に乗り越え、あとはベストコンディションで、心を落ち着けて本番を迎えることが最上と判断し、午後は皆の緊張を解きほぐす為に、松島の遊覧船観光を提案しました。

 

みんな、緊張のほぐれた良い顔!

翌日の本番は、最大の力を出し切ることが出来ました。

 

ところでこの写真、私の例の、得意の自撮り棒にての作品。この自撮り棒の欠点は、撮影者の顔が一番大きく撮れてしまうこと。(実際、一番大きいのですがね)

 

いやしかし、だんだん私の子供世代になってきました‥。


みやぎ総文2017(名東高校能楽研究部)

本日、宮城県多賀城市の多賀城市文化センターにて、みやぎ総文2017(第41回全国高等学校総合文化祭)の日本音楽部門に、名東高校能楽研究部が出場しました。

 

今年1月の愛知県大会にて舞囃子『鞍馬天狗』を披露し、上位2校の内に選ばれ、今回の全国大会の出場権を得ました。

今回は、舞囃子『船弁慶』。平知盛の幽霊が、長刀を持って義経一行の舟に襲いかかる能『船弁慶』のクライマックス。シテ・子方・笛・小鼓・大鼓・太鼓・地謡の全ての役を、高校生のみ、計14人で演じました。

 

本番、素晴らしい出来。たった数ヶ月で、高校生にここまで出来るものなのか、と、部員一人一人の、物事の吸収の早さと表現力、高校生らしい一致団結した力に、心から感動して、不覚にも涙しました。

彼等にとって、素晴らしい人生の思い出の1ページとして、心に刻まれることでしょう。

 

いいなあ、「若さ」って!


カナブン②

カナブン事件第2弾。

 

一昨日、甲府のお弟子さんの稽古の帰り、新宿からの山手線車内。横長の座席の前に立った私。

目の前の若い女性二人が、突如として「ビクゥッ‼︎」と凄い形相をしたのを見て、私も「ビクゥッ‼︎」としてしまいました。

面識が無いらしいその二人は、やがて何事も無かったかのように普通の表情に戻ったのですが、私は何が起きたか程なく理解しました。

 

ふと、女性の一人に目をやると、なんと、彼女の長い髪の毛に、エメラルド色の光沢を持った美しいカナブンさんが!まるで髪飾りのようにへばりついていたかと思えば、悠然と自分のテリトリーの如く動き周り始めました。

 

隣のもう一人の女性も、やがて気付いたようで、加藤茶のような二度見をしたあと、少し間を置いて席を立ってしまいました。(「逃げたな!」と私の心の声)

そして、空いた席には、危険を察知しない別の若い女性が、テトリスのブロックの如くスッポリ座りました。

 

さて、ここで私の(無駄な)正義感が湧き上がってきて、はてどうしたものかと思案。

紳士然として、

「お嬢さん、美しい髪にカナブンが付いていますよ」

などと声を掛けたり、

「いいですか、お嬢さん、私が今から言うことを驚かないで聞いて下さい。髪にカナブンが。」

とか言っても、いずれにせよ最初は変質者扱いされて、カナブンさんに気付いたら、女性は叫び声を上げて、カナブンさんがそれにたまげて「ぶ〜ん」などと飛翔したら、それこそ車内はパニックになり、私は一時的に警察のお世話になるかも、

かと言って、このままこの場にいれば、先日のカナブン事件第1弾のように、必ずや、私の反射神経が勝手に身体を動かして、女性を打擲し、いずれにしても警察のお世話は免れまい、と思い、結果的にその場を逃げ去って、隣の車両に移動したのでした。

 

今なお、これが正しい判断だったのか、自問自答しております。


カナブン①

最近、カナブンづいています。

 

「カナブンづく」

という日本語は、私の造語でしょうが、最近起こったカナブンに関する事件2つ。

 

先日の久良岐能舞台にてのお弟子さん(女性)の稽古中、大きなクマンバチ(実はカナブンさん)がお弟子さんの周りを飛翔し始めたので、

「動かないで。刺激すると刺されますよ」

という言葉を発する間も無く、お弟子さんは広げた扇で払い始めたので、

「いけない、このままではお弟子さんが刺される!」

と即座に判断し、お弟子さんの腕に止まった瞬間、若い頃武道で培った私の反射神経(脳を通さない一瞬の脊髄反射)が、勝手に反応し、閉じた扇で、

「スパーン‼︎」

と、打ち付けました。

見事命中、かと思いきや、カナブンは「ぶ〜ん」と飛翔して舞台天井のライトへ。

 

私は、うら若き女性の腕を、しこたま打擲しただけでした。(Sさん、申し訳ありませんでした_| ̄|○)

 

(続く)


有難うございました③(第4回 和久荘太郎 演能空間)

(続き)

『自然居士』の笛は、森田流の若きホープ・杉信太朗師。今回、『自然居士』『花月』とも、羯鼓(かっこ。2本の撥で腹に付けた鼓を打つ軽妙な舞事)が重なる為、(実は、ここぞとばかりに)私からたってのお願いをして、「モヂリ」という、普段と全く異なる譜(メロディー)で演奏して頂きました。

小書(こがき。特殊演出)ではなく、本来、笛方が興に乗った時に、打ち合わせ無しに即興で演奏するものですが、失敗の無いように、事前にしっかりと打ち合わせました。

 

小鼓は、演能空間当日の直前に人間国宝に指定された、大倉流宗家の大倉源次郎師。

大鼓は、葛野流家元の亀井広忠師。

このお二人で、自然居士の丁々発止の人商人とのやりとりを、大変盛り上げて頂きました。むしろ、この囃子に対抗するのに非常なエネルギーを労して大変。お二人に私の力を試されていると感じ、気合いが入りました。

 

そして、肝心要の地謡は、金井雄資師の地頭、辰巳満次郎師の副地頭という最高の陣形。強い地で、複雑な現在物の一番を作り上げて頂きました。

 

後になりましたが、凜太郎の能『花月』の陣形も、この上なく素晴らしかったこと。笛・一噌隆之師、小鼓・鵜沢洋太郎師、人間国宝の大鼓・亀井忠雄師。そして、宝生流家元・宝生和英師の地頭。

ワキの殿田謙吉師は、再会した息子・花月に対する慈愛のオーラが後見座の私からもひしひしと伝わったので、お客様からはなおのことでしょう。

 

今回は(も)、能は総合芸術、演者のお力に加えて、お客様の息を詰めたり、涙したりの、ライブのエネルギーで成り立っていることを、改めて感じることが出来た、私にとっての最大の勉強の機会となりました。

 

心より、皆様お一人お一人に感謝申し上げます。


有難うございました②(第4回 和久荘太郎 演能空間)

(続き)

野村萬斎師のご子息・裕基氏のシテによる、狂言『二人袴』は、石田幸雄師をはじめとした重鎮によるアドとの競演で、良い味を出して頂きました。見所(けんしょ。客席のこと)は大爆笑。

 

仕舞3番の初めは、私の一つ年上の先輩・小倉伸二郎師の『笠之段』。誠に風情ある舞。来年の「第5回 和久荘太郎 演能空間」では、伸二郎師に兄貴役をお願いして、『小袖曽我』と『夜討曽我』の通し狂言(歌舞伎風に言うと)をご快諾頂きました。

仕舞2番目は、若手有望株・川瀬隆士師の『八島』。若者らしい、溌剌とした義経で、合戦の景色が見えるような舞。

そして仕舞3番目は、いつも私のツレをお願いする髙橋憲正師の『松風』。この人の舞台の花は、私には無い独特の色香を持っています。

この仕舞3番を、宝生流重鎮・髙橋章師の地頭、金井雄資師の副地頭という重厚な地謡で舞って頂きました。

 

そして、私の能『自然居士』。

身売りした少女役は、水上優師のご子息・嘉(よし)君。小3で、子方の花盛り。私のシテは、彼に食われてしまったようです。

ワキの人商人(ひとあきんど)役二人は、下掛宝生流家元の宝生欣哉氏と御厨誠吾師。欣哉師の、シテに拮抗するエネルギーは凄いものがあります。武道的に言うと、少しでも隙を見せたら打ち込まれてしまう、という位の気迫をぶつけて下さいました。

ワキツレの御厨師も同様。この人の謡の圧には、無くなった御師匠(宝生閑師)と現師匠お二人の要素が詰まっていると感じます。

 

間狂言(アイ)は、『花月』に続いて野村太一郎師。お若いのに、軽妙で品のある芸の持ち主で、敢えて能2番ともお相手をお願いしました。

(続く)

 


有難うございました①(第4回 和久荘太郎 演能空間)

皆様のお陰をもちまして、去る7月23日(日)宝生能楽堂にて開催の「第4回 和久荘太郎 演能空間」は、無事終了致しました。

ご多忙な中のご来場、誠に有難うございました。

 

能楽評論家の金子直樹氏による、誠に興味深い解説は、観能時の、想像力を膨らませる大きな助けになったことと思います。優しい語り口には、私の社中や知人にもファンが多く、次回も楽しみとのお声を多数頂いています。

 

能『花月』は、11歳になったばかりの凜太郎に、シテを勤めることをお許し頂いたことに、家元には心より感謝申し上げます。何とか無事勤め、本人にとって、能の道に進む動機付けの一つになることでしょう。

 

一調『氷室』は、辰巳満次郎師の強い謡と、金春流太鼓家元・金春國直師との一騎打ち。奇しくも、先日東京にて異常気象で雹や霰が激しく打ち付け、そのさまを想起させる激しい演奏でした。

(続く)


バチカン勧進能 記事

 産経フォト

 

上記をクリックして頂くと、バチカン勧進能の復曲能『復活のキリスト』の舞台写真2枚とともに、報道記事をご覧頂けます。2枚目の写真を拡大表示して頂くと、右側に座っている二人のうち、左側の若い出で立ちが私(マグダラのマリア)です。

会場のカンチェレリア宮殿は、バチカン所有の世界遺産の為、個人によるSNSへの投稿は禁止されておりますので、残念ながら私自身が撮影したものは掲載できません。

 

他にも、以下をご覧下さい。

 

佐賀新聞(6月25日)

佐賀新聞(6月26日)

 


無事帰国しました

昨日、無事イタリア公演から帰国致しました。

例の自撮り棒を活用した1枚。ヴェネツィアのサン・マルコ大聖堂のクーポラ(ドーム)をバックに。

 

今回のイタリア行では、自撮り棒が大活躍で、かなりの枚数を撮影したのに、自分一人で撮ったのはこれ1枚。あとは、全て仲間の能楽師がいっぱい写っていて、我々には著作隣接権と肖像権の問題がありますので、ここには載せられないのです。

しかし、自分一人だけで撮るって、意外と恥ずかしいものですね。

 

この帽子は、あまりの日差しの強さに、ヴェネツィアで急遽購入したもの。この日のみは終日観光できたのですが、翌日からは『翁』の千歳と、『復活のキリスト』のマグダラのマリア役が控えているので、日焼けするわけにいけません。広幅のを選びました。更に日焼け止めを塗りまくり。

 

ところでこの自撮り棒、往路のトランジットの、フランクフルト空港にて手荷物検査に引っかかり、「何だこれは」と止められる始末(予想はしていましたが)。

 

長く伸ばし、スマホをセットして使い方を示し、決して特殊警棒などの武器ではないことが分かると、笑顔で「OK」と。肝を冷やしました。