44歳に

44歳になりました。

お心のこもったプレゼントを頂き、心が温かくなりました。ありがとうございます。

 

今日だけは、何があろうと予め休みを死守していました。

朝から、運転免許の更新(ゴールドです!)に行き、帰宅してからは溜まった事務作業(殆ど進みませんでしたが)。

そして今週から月末にかけて、『大會』のシテ、『安宅』のツレ、『オセロ』のデズデモーナ、『殺生石』のシテ、と役が立て続けですので、それらに備えて近所の整体に行き、身体を整えて準備万端。

 

44歳も、身体を第一に考えて、良い舞台の為に頑張りたいと思います。


再び罪を背負って生きるのです

今朝、名古屋から帰宅し、昼食のみ妻と頂いたのも束の間、只今は川村学園女子大学に、2コマの授業の為向かっております。

最近、老いも若きも、本当にリュックサックを背負っている方が多くなりましたね。

2011年3月11日の東日本大地震の1週間後、私は即座にリュックサック(TUMI製)を買い求め、当時、東京芸大の助手をしていた為、スーツ姿にリュックで上野の森に通いました。

2011年5月17日当ブログご参照

 

まだ当時は、スーツにリュックの組み合わせは極少数派で、能く違和感を指摘されましたが、なんのそので闊歩していました。

今となっては当たり前の格好。むしろオシャレなのでしょう。スマホが普及して、手が空くのが便利であることも一因のようです。

私自身は、助手の任期終了後はしばらくリュックは封印していましたが、最近心境の変化あり、再び陽の目を見ることになりました。

今日もスーツにリュック姿ですが、やはり楽ちん!7年ほど前のように、人から嘲笑されることもなくなりましたので、堂々としたものです。

TPOさえ気を付ければ、快適なリュック生活が再び始まり、なんだか足取りも軽くなります。


能『竹生島』

明年1月12日(日)、豊田市能楽堂主催「新春能」にて、能『竹生島』が上演されます。

シテは宝生流宗家・宝生和英師。ツレを私が勤めます。

このツレは、他流派の小書になると、ツレとシテが入れ替わるくらいの重要な役で、前ツレは前シテ(老翁)と共に若い女性として小舟に乗って現れ、実は弁財天の化身であることを明かし、シテに先立ち舞台上の宮の作り物に中入し(シテは幕へ中入)、宮の中で着替え、後半、後ツレの弁財天として本体を表し、「天女之舞(中之舞の変形)」を舞う、という、盛りだくさんの役。

 

いかにも新春らしい、めでたいショーのような曲。ぜひご来場下さい。

チケット(全指定席)は、既に販売を開始して、良い席から売れているようです。

チケットのお求めは、豊田市能楽堂ホームページまたは、当ホームページお問い合わせまで。


桐生稽古場始動!

群馬県桐生市広沢町にある、「伝統芸能研修所」。宝生流愛好家で篤志家の方がご自宅2階に建てた稽古舞台を、そのお孫さんが遺志を継承して移設された素晴らしい能舞台。

もう既に、「稽古舞台」ではなく、立派な「能楽堂」です。

 

中正面側から。

 

この舞台で、一昨日からお弟子さんのお稽古を月1回のペースでさせて頂くこととなりました。

長年桐生で稽古場を持つ葛野流大鼓方家元・亀井広忠師の鶴の一声によって、そのご社中が人数を集めて頂き、このような運びとなりました。

この地域(桐生・足利)で稽古場を持つことは、足利出身の妻との縁もあり、10年来の念願でしたので、亀井広忠師とご社中には、心より感謝しております。

当流名手の先達のご尽力によって、元々宝生流の盛んな地域ではありますが、更なる発展を心掛けて、大事に育てていきたいと思います。

折にふれてご紹介してまいります!


『望月』子方

次の日曜日(10月28日)、別会能(宝生能楽堂)にて、息子の凜太郎が能『望月』(シテ 宝生和英宗家)の子方を勤めます。

 

仇討ちの曲で、『放下僧』と構成は似ていますが、位取り(格調)が全く違い、重習いの大事な曲。他流では、若いうちに勤めることもありますが、宝生流では、弟子家(家元以外の職分)が若いうちに勤めることはなかなか許されない大曲です。

 

子方は、シテと共に父の仇を討つ「花若」という名の少年役。ツレ(母)との同吟から始まり、鞨鼓を舞い、仇討ちもするという、盛りだくさんの役。ほぼ毎朝稽古していますが、子方の部分だけでもきちんと稽古すると1時間弱かかります。

 

凜太郎は現在小6で、この夏に背丈も雨後の筍のように伸び、いよいよ声変わりも本格化してきて、父としては頼もしく思いますが、子方としてはもう難しくなってきました。今年は、この『望月』でしばらくお役は無く休みとなり、勉強に専念させますが、来年はまだ3番の子方のお役を頂いております。しかも、『安宅・延年ノ舞』(春の別会能)、『鞍馬天狗・天狗揃』(秋の別会能)、『烏帽子折』(第6回 和久荘太郎 演能空間)と大役ばかり。今の様子だと、この頃は完全に声変わりしているかもしれません。

 

5日後の『望月』が済んで凜太郎の稽古が休みになったら、いつも稽古をせがむ娘をしっかり稽古してやろうと思っています。


大人になった女子たちへ

朝日新聞の、「大人になった女子たちへ」という、漫画家の伊藤理佐さんのコラムを時々楽しみに読んでいます。

今朝の寄稿はなかなかに、私の普段思うところに相通じて、共感と同時に改めて考えさせられました。

伊藤さんがラジオで偶々聴いた、という言葉を大まかに抜粋すると、

 


歌というのは、理解した人が歌うとエグイ。

逆に、理解していない人が歌うと、せつなかったり泣ける。

悲しい歌は「悲しい顔」で歌うとダメで、逆に「笑顔」で歌う。

(※和久注、「エグイ」はこの場合、若者言葉で使うときの良い意味ではなく、おそらく本来の意味の「アクが強い」かと。)


 

このことは、能の表現にも通じると思います。もちろん、我々職業人は、曲の時代背景や言葉の意味、登場人物の心情などを能く理解した上で舞台を勤めるべきだとは思いますが、それを生のまま舞台に乗せようとすると、嫌味になったり、お客様が違和感や嫌悪感を感じたりします。

悲しい場面で、役者が悲しそうな声を出したり、囃子方で言えば悲しそうな掛け声を掛けたり、という、単純表現を喜ぶお客様もいらっしゃるとは思いますが、能の目指すところはそこでは無いのです。

私自身も、実は他流派(当流のことも!)の舞台を忍んで観に行く(もちろんチケット代を払って)ことが時々ありますが、表現が押し付けがましかったり、泣かそうとしたりする意思が見えると、「サーっ」と潮が引くように興醒めしますので、自分への戒めとして受け取ってお土産に持ち帰っています。

まあ、最終的には役者・お客様共に、人それぞれの「志向」だとは思いますが。


国家指定芸能「能楽」特別鑑賞会 名古屋公演 能『土蜘』頼光

本年12月15日(土)、名古屋能楽堂にて、日本能楽会主催の「国家指定芸能 能楽 特別鑑賞会 名古屋公演」が開催されます。

能は、観世 清和宗家の『半蔀』と、宝生流・衣斐 正宜(いびまさよし)師の能『土蜘』。私は、源 頼光(みなもとのらいこう)役を勤めます。

詳細は、上記チラシをクリックしてご覧下さい。

チケットご希望の方は、当ホームページお問い合わせまで。


来年に向けて

この夏、初めて自分専用の装束を作りました。

「箔(はく)」と通称する、女性の役専用の着付け。

 

拡大写真。「七宝繋ぎ」という、定番の紋様です。

 

装束としては、それほど高額のものではありませんが、能楽師人生で初めて自分で作った装束。感激です。他流の同世代の仲間は、装束のみならず面(おもて。能面のこと)までも、早いうちから皆自分で少しずつ手に入れていて感心していますが、宝生流は、家元以外は面・装束を持たない原則があり、演能の際には(もちろん有料で)拝借できますので、収集の必要がなく、大変恵まれています。

しかしその昔は、直接身につけて汗になる「着付け」や「鬘」くらいは各役者が自前で用意したとのこと、私もそれ位は持とうと20年ほど前から考えており、毎年赤字の家計ですが、夢実現のために別にそれ専用の貯金をしてきました。なかなかお金が貯まらなかったのもありますが、来年、やっと「箔」を使う役(12月14日土曜日 五雲会『班女』宝生能楽堂、12月22日日曜日『羽衣』横浜能楽堂)をいただいたので、この夏に購入を決めたのです。

『班女』と『羽衣』の装束は、いずれも着付けがはっきりと表にでる着方。『班女』は後シテで片袖を脱ぎ、『羽衣』は両袖を露わにして登場します。私は、身長のわりに手が長く、拝借する装束ではつんつるてんになり、見栄えが良くありません。そういうこともあって、念願だったのです。

着物でもそうですが、仕立てて直ぐに使用するのは良くありませんので、1年半程箪笥で寝かせて落ち着かせてからデビューさせます。楽しみです。

次は、自分専用の「鬘」を作るために、新たに貯金を始めます。


近影


11月夜能『殺生石』を舞います!

来月11月30日(日)「夜能」(宝生能楽堂)にて、能『殺生石』を舞います(詳細は、上記写真をクリックしてください)。

 

私にとって『殺生石』は、10年程前に名古屋宝生会にて勤めて以来、学生鑑賞能などで何度か舞っている、縁のある曲です。

宝生流では100年近く石の作り物を出す演出を止めていましたが、20年程前に、先代の家元(宝生英照師)が復活させて以来、石を出すことが多くなりました(当時家元の内弟子だった私も石の作り物の制作に携わりました)。

石を出さないときは、揚幕を石と見立てて、幕際に床几に掛けて謡を謡うのですが(これは『白頭(はくとう)』の小書(特殊演出)の演出)、やはり、大きな石の作り物が舞台に出たほうが、お客様は風景を想像しやすいのです。今回も、石の作り物を出す演出で勤めます。

平日の夜、仕事帰りに能を観にいらしてください!

チケットのお申し込みは、当ホームページお問い合わせまで。