「学生能・狂言の会」クラウドファウンディングご支援のお願い

昨日は、「渋谷能 第7夜」にて、舞囃子『安宅』、無事勤めることが出来ました。満席のご来場、誠に有難うございました。

 

今日は、名古屋能楽堂にて「衣斐正宜舞台生活65年記念能」の為、名古屋に向かっております。衣斐師の『卒都婆小町』の後見を勤めます。出演者ながら、楽しみにしております。

 

さて、来たる来年(令和2年)2月8日土曜日に、名古屋能楽堂にて、「学生能・狂言の会」が開催されます。私の指導する、愛知教育大学能楽部と、愛知県立大学能楽部が、合同で能『羽衣』を作り上げます。シテはもちろんのこと、地謡も全て学生のみで。

夏の合宿から今に至るまで長期計画で稽古を進めており、現在ほぼシテ・地謡ともに完成しており、あとは芸術的価値を高めることに力を注いでいます。

 

ここで問題となるのは、お金のこと。仕舞・舞囃子ならばいざ知らず、能となると、面・装束の拝借料、ワキ方・囃子方への謝礼、舞台使用料その他、莫大な費用が必要です。最初から、そこを何とか皆で出資し合って能を出す覚悟があってのことなのですが、この度全国的・全流儀的に見ても初めての試みではないかと思いますが、数ヶ月前、愛教大の学生の代表者から、クラウドファウンディングでご支援を募ることの相談を受け、「やってみたら良い」と了承しました。

その後、様々工夫を重ねて、写真・動画撮影、掲載文章の推敲などを重ねて、この度クラウドファウンディングが始動しました。

 

ところが、嬉しいことに、始動後たった1日間で目標額を達成!ご支援頂いた方々には、私も心より御礼申し上げますが、目標金額を、学生さん達が遠慮深く、少なめの「10万円」に設定した為の、早期の実現となったわけです。

そこで、独自にもう一段階上の目標額「30万円」を設定して、引き続きご支援を募ることと致しました。

そのクラウドファウンディングのホームページはこちら。また新しいコメントもご覧下さい。

 

昨日学生さんから、金春流能楽師の本田布由樹師がご支援頂いたことを報告受け、ちょうどその夜「渋谷能」にて楽屋でお会いすることになっていたので、心より御礼申し上げましたら、「学生が能を出すことの大変さはよくわかっているので」との温かいお言葉を頂きました(こんなに男気のある方とは知らなかった!)。

もし宜しければ、皆様ご支援のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


舞囃子『安宅』を舞います(渋谷能第7夜 セルリアンタワー能楽堂)

本日は、渋谷能第7夜。セルリアンタワー能楽堂にて、舞囃子『安宅』を舞います。

能楽五流派の立ち会い形式。気合い入れてきます!


伊勢参り④(おまけ)

唐突ですが、拙宅の庭のカエル。石蕗(ツワブキ)の葉の下で雨宿りしています。

 

伊勢参りで禊した二見興玉神社では、カエル(作り物)が神様の使いとしていたるところにいるのです。

おみやげ売り場でもこのように宣伝しているので、

 

一匹連れて帰ってしまいました。ウチの庭石で偉そうにしています。


伊勢参り③

猿田彦神社内の、猿女(さるめ)神社。天鈿女命(アメノウズメノミコト)が祭神。能『絵馬』でも登場して描かれる、天岩戸隠れ伝説に登場する芸能の神様。多くの芸能人が参拝します。私も毎年のように参拝。

 

猿田彦神社の脇を流れる小川の紅葉。

そしていよいよ内宮へ!

天皇陛下の御即位参拝の為、鳥居もくぐれませんが、鳥居の前に遥拝所が臨時設営。ここでお賽銭を入れて、娘とお参りしました。天照大神を想い、「お役をさせて頂きます」と。

 

この後は、おはらい横丁とおかげ横丁で食べ歩き。赤福のぜんざいは最高。こういう楽しみもなくっちゃ。

ペンペン焼き。これ、オススメです。いつもあまり並んでいませんが、隠れた名物じゃないかと。

イカのペンペン焼き


伊勢参り②

夫婦岩近影。

 

能『絵馬』の成功祈願をしました。娘は、103歳の曽祖母がこれからも元気に長生きしてくれることを祈願。

 

外宮の正宮・豊受大神宮。天照大神のお食事を司る、豊受大御神が祀られています。

 

内宮へお参りする前に、猿田彦神社へ。宝生流の祖神で「道開き」の神様。演能空間の初回の折に初めて参詣し、その後度々訪れております。

(続く)

 


伊勢参り①

来月の、令和2年1月26日(日)名古屋宝生会定式能にて、能『絵馬』を勤めるにあたって、去る11月23日(土)に、娘を付き合わせて伊勢参りを強行してきました。

 

前シテは老人姿ですが、実は天照大神(アマテラスオオミカミ)の化身。姥(実はアマテラスオオミカミの弟神・月読明神)を伴って登場し、晴れの白絵馬か雨の黒絵馬をかけるかで夫婦が言い争い、最後は両方掛けることに。

後シテは天照大神が男神の姿で激しい神舞を舞います。

 

いつもの如く、神様や幽霊のお役を勤めるときは、必ずその地を訪ねてお参りしますので、今回は天照大神がおわします伊勢神宮の内宮へ!

と思って向かっていたら、そうだ!今日は折しも天皇陛下と皇后陛下が、即位のご報告に内宮に行かれる日だ!と気付いて、行きの近鉄電車内で調べたら、やはり内宮は入れないとのこと。

娘とがっかりしつつも、このような良き日に伊勢神宮にいられるのは素晴らしいこと、と思い直し、定番のルートでお参りして、内宮は鳥居の外から参拝することにしました。

 

二見興玉神社の海岸。遠くに夫婦岩が見えます。古来、ここで禊して、外宮、内宮の順に参拝します。

(続く)


久良岐能舞台 宝生流講座研鑽会

今日は、宮城県仙台市にての催しにて、仕舞2番の地謡と能『通小町』(シテ 武田孝史)の副後見を勤めてまいりました。

 

昨日は、久良岐能舞台にて、久良岐能舞台主催の「宝生流講座 研鑽会」が催されました。

 

珍しく晴天に恵まれました。

 

入り口。

この舞台に私は月3回稽古に参りますが、訪れる度に季節の移り変わりが感じられるところが素晴らしい。いかにも「能を稽古しに来ている」ことを、師匠も弟子も実感します。

 

最初は、素謡『鶴亀』。私の関わる発表会では、これを全員で無本で謡うことが恒例になっています。初め謡えなかった方も、毎回謡っていれば、いつのまにか謡えるようになるもの。

 

現在、久良岐能舞台の宝生流講座生は12名。最近新しくお2人がお仲間入りなさいました。

研鑽会にては、私のお弟子さんの会「涌宝会(ゆうほうかい)」の会員にもお声掛けして、総勢36名での出演となりました。

素謡と仕舞の会で、土屋 周子師をお招きしてご助演願い、素謡の地頭を数番勤めて頂き、皆さんの刺激になりました。

 

終演後は、フレンチレストランにて懇親会。土屋師や私のご挨拶、初舞台の方のご紹介などなど、和気藹々とした朗らかな催しでした。


下から

今日は、桐生稽古の後、横浜・久良岐能舞台稽古。

 

東京スカイツリー駅から押上駅に乗り換えの際、初めて東京スカイツリーを下から見上げました。

まさに屹立。


大人の階段

昨日は、息子(中一)の新しい眼鏡を作りに2人で池袋へ。

なかなか理知的に、短時間で候補をいくつか立てて中から選び抜き、思わず感心。眼鏡の選び方ひとつをとっても成長を感じたひととき。身長ももう少しで私に追いつきそうです。

帰りのバス停までの2人の道中、ガールズバーの呼び込みの女の子から声をかけられたのには驚きと同時に笑ってしまいました。

私1人のときは当然いつも声を掛けられますが、息子と2人で歩いていて呼び込みに声を掛けられるのは初めて。

 

私「(ガールズバー)行ってみる?」

息子「いや、親子じゃ会話が気まずいから‥。第一未成年だし。」

 

その通り!大人になってきたねえ。そのうち友達と行きなさい。


FM能楽堂 『巻絹』『土蜘』

本日、以下を渋谷のNHK放送センターにて録音してまいりました。

 


『FM能楽堂』(NHK-FM)

放送日  12月8日(日) 午前6時〜6時55分

 

『巻絹』(全曲)

シテ 野月 聡

ワキ 和久 荘太郎

ツレ 東川 尚史

地謡 辰巳 大二郎、今井 基

 

『土蜘』(部分)

シテ 和久 荘太郎

ワキ 辰巳 大二郎

地謡 野月 聡、東川 尚史、今井 基

 


 

放送はまだだいぶ先ですが、ご予定下さい。