怒涛の日々2

前回の続きです。

 

『通盛』のツレは、平通盛の妻・小宰相の局役。第一声で夜の鳴門海峡の景色を作り上げなければなりません。他曲には見られない節(メロディー)が数々あり、この役の重要さを表しています。『松風』のツレのように、シテとの同吟が続く、責任ある役で、心して稽古しております。

 

翌週の『邯鄲』は、夢の中で帝王となり、50年の栄耀栄華を極めて大宮殿で舞を舞いますが、夢から醒めるとただ粟の飯が炊ける束の間のことだった、という、「悟り」と裏腹な「無常感」を伴った名曲。凜太郎は、舞人として、私の夢の中に登場して舞を舞います。

 

この『邯鄲』が済んだら、食事の間も無く帰京し、翌朝からイタリアへ発ちます。8日間の旅程で、『翁』の千歳を2回と、『復活のキリスト』のマグダラのマリア役1回。全て家元のシテによる相手役で、光栄なことです。

 

『翁』は、各役とも、1ヶ月乃至7日間の別火精進をして身を清め、肉食・飲酒・女色を避けて臨む、「能にして能にあらず」と云われる神聖な神事の曲。イタリアに行っても、私は残念ながらワインは楽しめません。

 

『復活のキリスト』(宝生九郎作)は、54年振りの上演となる、宝生流公認の新作能。シテはキリストで、私の勤めるツレは、マグダラのマリア役。今回、家元とご相談しつつ、新たな演出を作りあげていく作業に時間をかけました。

今まで、辰巳満次郎師の数々の新作能では、4曲ほど大事なツレを勤めさせて頂いておりますので、少しその経験が役立っているかもしれません。

 

6月末に帰国すると、いよいよ演能空間の『自然居士』に専念。人買いから足許を見られて様々な芸を要求されますが、両親の追善のために我が身を売った少女を救わんと、散々に痛ぶられながらも、芸を見せ続けます。舞うことに生き甲斐を感じる私としては、大変やり甲斐のある曲。

同時上演の凜太郎の能『花月』も、『自然居士』同様、芸づくしで、お客様を楽しませます。


怒涛の日々1

ブログの更新が滞るのには、私にしかわからない理由がありますので、いい訳にしかなりません(まあ、いつものことですね)。

去る5月中旬には、能『巴』を勤め、その後、涌宝会大会(私の社中発表会)の為に、お弟子さんの最後の詰めの稽古。

涌宝会大会にては、私自身も舞囃子『氷室』と『巻絹』を勤めました。

それに加えて、下記の役を並行して稽古してきました。

明日から7月にかけて、更に以下の怒涛の日々が続きます。

 

◆6月11日(日)能『通盛』ツレ(月並能 宝生能楽堂)

◆6月18日(日)能『邯鄲』シテ(名古屋宝生会定式能 名古屋能楽堂)

◆6月21日(水)『翁』千歳(イタリア・ヴィチェンツァ古典フェスティバル オリンピア劇場)

◆6月23日(金)『翁』千歳(イタリア・バチカン勧進能1日目 カンチェレリア宮殿)

◆6月24日(土)復曲能『復活のキリスト』マグダラのマリア役(同上 2日目)

◆7月23日(日)能『自然居士』(第4回 演能空間 宝生能楽堂)

名古屋の『邯鄲』の子方は凜太郎で、演能空間の『自然居士』の他のもう1番は、凜太郎のシテによる能『花月』です。

【つづく】


涌宝会大会 盛会にて

ご無沙汰しています。

いつ見ても、ブログが更新されないとのお声をかなりの数、頂いております。「また気が舞台に向かって集中しているのだな」とか、「元気な証拠」と思って頂ければ幸いです。

さて、取って付けたようですが、

先日、6月2日(金)・3日(土)と2日間に亘り、名古屋能楽堂にて「涌宝会大会」が盛会裏に催されました。

ご出演の会員の皆様には、能2番、他、舞囃子・独調・仕舞・連吟などで、日頃の稽古の成果をご披露頂きました。

ご助演の能楽師の皆様には、心より感謝申し上げます。

 


第4回 和久荘太郎 演能空間 公式サイト開設!

当ホームページ内に、来る7月23日(日)宝生能楽堂にて開催の

「第4回 和久荘太郎 演能空間」公式サイトが開設されました。

ご覧ください!

 


新しい家族 13

「うーん‥何これ。」

 

この物体を見た初めての感想です。

我が家の着替え部屋(兼 亀部屋)に、2つ綺麗に並んで置いてありました。昨日までは無かったのに。

しかし、程なく推理し、これはうちの子(亀)が産んだ卵だと確信。

昨夜、ヒメニオイガメのみどりちゃん(♀)が、脱走していたのを捕まえて水槽に戻したのを思い出しました。

ミズガメ(湖沼に生息する亀)は、水中では産卵できず、陸を探して産む習性があり、それで脱走を繰り返していたのでしょう。

(つづく)


能『巴』(平成29年5月20日土曜日 五雲会)

来月(平成29年5月)の20日土曜日、宝生能楽堂にて開催の「五雲会」にて、能『巴』を勤めます。

 

女武者・巴御前がシテ(主役)の能。
信濃の国・木曽から琵琶湖畔にたどり着いた僧が、涙を流して神に参る女性(前シテ)に出会います。僧と同じ出身の木曽(源)義仲を祀る神であることを伝え、共に手を合わせます。
やがて日も暮れはじめ、実は自分は義仲の愛妾・巴御前の幽霊であることをほのめかして、草陰に消え失せます(中入)。

僧が夜もすがら読経していると、在りし日の巴御前が長刀をかついだ甲冑姿で現れ、女ゆえ義仲の最期まで供を出来なかった恨みで成仏出来ないことを語ります。僧の前で、敗戦や自害した義仲との別れのさまを語り、回向を頼んで消え失せます。

 

私は、『巴』は初役。「女修羅」と言われ、後シテは長刀を振り回して一騎当千の様を舞うのですが、荒々しくなってはいけないが、女武者としての強さもなければいけない、誠に神経を使う曲だと、改めて感じます。

節付け(作曲)や詞章が大変良い佳作。心して勤めます。

 

『巴』は、13時55分~15時10分の予定です。五雲会は、正午開演、能『養老』、狂言『箕』、能『巴』、能『羽衣』、狂言『蝸牛』、能『石橋』の順です。

入場料は、全自由席で5,000円(学生2,500円)。

 

チケットのお求め、お問い合わせはこちらまで。


「芦の会」仕舞『西王母』(平成29年4月23日日曜日)

芦の会表芦の会裏

今月(平成29年4月)23日(日)午後5時開演、宝生能楽堂にて、「芦の会」が催されます。
(上記チラシをクリックすると拡大表示されます)

 

宝生流職分・柏山聡子氏主宰の個人演能会の、記念すべき第1回。「花めぐり」の副題が付き、様々な花をテーマにした曲が上演され、ご自身は、大曲『石橋(しゃっきょう)』の披き(ひらき。大曲を初演すること)。

 

この催しにて、凜太郎が仕舞『西王母(せいおうぼ)』を舞わせて頂きます。
(私は、地謡で出演いたします・・・)

 

玄人会にて子方に仕舞を舞わせて頂けるとは、何たる光栄。本人も、玄人の一員として自覚しつつ稽古に励んでおります。

この日の為に、新しい紋付・袴も仕立てました。

 

皆さま、是非お運びください!


涌宝会会員名鑑13

松村真澄
飛鳥舞台にて撮影

 

◆名前 松村 真澄

◆年齢 40

◆稽古歴 1年

◆居住地 群馬県前橋市  

◆稽古場 飛鳥舞台             

◆現在稽古中の曲

 謡  『花月』            

 仕舞 『高砂』            

◆芸歴

 以前、私の地元に能舞台を持つ方がいらっしゃって、憧れて、何度かお稽古に伺ったことがありました。その後、お稽古を続けることができませんでしたが、常にやってみたいという心持ちで約15年が経ちました。インターネットで検索していたところ、和久先生のページが見つかり、一度体験に伺いました。謡と仕舞の稽古をつけていただき、とても充実していたので、通うことを決心しました。

  今までの発表内容

 ・素謡『鶴亀』シテ (2016年1月)

 ・素謡『紅葉狩』シテ (2017年2月)

 

◆能の稽古の魅力

 謡本を読むのはとても難しく、最初はこれを自分が読めるようになるのかと心配していましたが、毎回先生の後に続いて謡をしていくと、読めなかったものが次々と読めるようになっていきます。洋楽の音階とは全く違う、節を覚えていくことも楽しく感じます。

本当にたくさんの曲がありますが、それぞれのストーリーも説明してくださるので、場面を想像しながら謡うことができます。謡を習った曲の能舞台(公演)を見に行くのは、この上ない喜びです。

 

◆涌宝会の良いところ

 ひとりで受けるお稽古も内容深いものですが、みなさんと一緒に謡を謡うのも楽しいです。発表会への参加回数はまだ少ないのですが、先輩たちのいい声と節を聞くことができ、いろいろな発見もあります。緊張はありますが、発表の場が多いということも、目標をもって練習できる利点です。

個人的ですが、先生は私の兄と同年代なので、親しみを感じています。爬虫類好きには驚きましたが(笑)

 

◆当ブログの読者さんへ

 お稽古を始めたばかりの私ですが、月に2回のお稽古の時間をとても大切に感じています。

いま、インターネットで何でも調べられ、英会話など遠隔レッスンもできる時代ですが、稽古に通う、能舞台に足を運ぶ、という、その場でしか味わえない「一回性」が私には魅力です。たくさんの方が、その魅力を体感できたらいいな、と思います。


名古屋城の桜

名古屋城の桜

本日の、名古屋能楽堂楽屋入口から名古屋城のお堀をのぞんで撮影。雲の上にいるようです。

 

名古屋能楽堂にて、『飛雲会』(内藤飛能師主宰)が盛大に催されました。お釈迦様ご生誕の花まつりという良い日に、満開の花に迎えられて、皆さん素晴らしい舞台を披露なさいました。

 

この季節、心が浮き立ちますね。

 

 


瓜をふたつに割ったような‥

荘太郎幼少期1

これ、凜太郎かと思いきや、私の5歳の時の写真。約40年前ですから、かなり色褪せてきています。

 

この春休みに、子供たちを名古屋に連れて来た際に、母が古いアルバムを引っ張りだしてきた中の1枚。

 

以前(2011年)の投稿よりも更に瓜二つ。

 

凜太郎本人も、自分かと思ったほど。2歳下の娘は、お兄ちゃんだと疑いもしませんでした。

 

娘いわく、「ということは、お兄ちゃんもお父さんみたいになるの⁈」。

 

私は、高校に入った辺りから頰が痩せこけてきて、現在のいわゆるホームベース型になったのですが、中学生までは、人からよく、顔がまん丸だと言われたのです。

 

遺伝子の強さにたまげました。