オリンピコ劇場(ヴィチェンツァ)

 

6月21日、イタリア・ヴィチェンツァ・古典フェスティバル公演のオリンピコ劇場。

舞台天井

 

舞台をパノラマ撮影

 

奥行きがある(ように見える)舞台

 

フィナーレのカーテンコール

 

私は、宝生宗家(和英師)の『翁』の「千歳」と、金剛流若宗家・龍謹師の『羽衣』の副後見を勤めました。


行ってきます

イタリア公演、行ってきます!


能『邯鄲』終演

本日、名古屋宝生会定式能にての能『邯鄲』、お陰様で何とか無事(怪我無く)勤めることが出来ました。

ご多忙中のご来場、誠に有難うございます。

妻と凜太郎と帰京中、やっとひと息つきました。

さて、帰宅したら急いで明日からのイタリア行きの準備です。

本日に引き続き、明日からも満次郎師と一緒です。

嬉しいです( ͡° ͜ʖ ͡°)


能『邯鄲』

本日、名古屋宝生会定式能にて、能『邯鄲』を勤めます。

凜太郎が私の夢の中で舞を舞う童子の役。

午前中に申合せ(リハーサル)をして、午後本番です。

昨日、東京の五雲会出演(『祇王』地謡)後、妻と息子と名古屋入りしております。

いざ、出陣!(名古屋能楽堂へ)


映画『昼顔』

忙しい忙しいって、忙しいフリしてるのに、つい先日映画を観にいってしまいました。

     『昼顔』

世の多くの女性は、ご存知なのでしょうか。テレビドラマの続きの映画です。

深刻なW不倫の話で、斎藤工さんと上戸彩さん主演。これを、平日の朝イチに、しかも妻と映画館に観にいったのです。

不倫のお話なのだから、不倫カップルで行くのが普通では。

しかしね、世の不倫カップルのみなさん、この映画は、決して不倫カップルで観に行ってはいけませんよ(密かに、別れたいと考えている方には鑑賞を強くお薦め致します)。

上演後、照明が明るくなったら、大人の映画にはあるまじき、ポップコーンが大量にばらまかれていました。きっと、恐怖のあまり、放り投げてしまったのでしょう。

私達も、あまりの衝撃的結末に、口あんぐり。夫婦で行くのは、今後の長い人生の「偕老同穴」「比翼連理」の教訓を頂くようで良いかもしれません。

鑑賞後の「ああ、いい映画だったね」という感想はきっと聞けませんが、心にズーンとのし掛かる重荷のような感覚が、人間の本質的なマゾヒズムを刺激する、ある意味での良い映画ではないでしょうか。

男と女でも、感じ方が違う映画だと思います。

その日の客は、9割方女性でした(平日の午前中だから当たり前か)。

しばらくは、和久家は『昼顔』の話で持ちきりです。


稽古表

これ、「稽古表」です。

私のお弟子さんに、いつ、どこで、何の曲の謡・仕舞を稽古したかを、綿密に記入しています。

私の社中会・涌宝会(ゆうほうかい)の正式発足は、私自身の約12年間の内弟子修行が済んで、家元から独立した、平成17年としていますが、実際には、先代家元のお許しを頂いて、平成15年1月(28歳)からお弟子さんの稽古を始めており、この時から休まず書いております。

第1冊目の最初は、名東高校能楽研究部の稽古。同日に、岡崎の稽古をしています。今もお稽古を続けて頂いている方のお名前があり、見返すと嬉しくなります。

この度遂に10冊目に突入。お弟子さんと私の歴史がここにあります。


地鶏棒

イタリア公演に向けて、自撮り棒をネットで購入してしまいました。

思ったより大きくてたまげました。

重量も結構あり、特殊警棒と間違われたら、空港で取り上げられそうで心配です。

シャッターリモコンも付いていて、三脚にもなる優れもの。

これを使って、名所旧跡をバックに、仲間と記念撮影してきます。

ブログに掲載するかどうかは、気分次第。


怒涛の日々3

前回の続き。

 

これだけのお役が集中することは、名のある方にとっては日常茶飯事かもしれませんが、私の能楽師人生では初めてのこと。本当に光栄なことで、能が大好きな私にとっては、誠に役者冥利につきます。

お弟子さんにお稽古をお付けするのも私の大事な仕事ですが、本業はやはり自分の舞台。それは私のお弟子さんもよくご理解頂いています。

 

こんな時ですから、体調管理には最大の注意を払っています。睡眠と食事には妥協しません。当たり前のことですが、これが若いときはできなくて、度々身体を壊してきました。

 

あとは、筋トレとストレッチ。若いときは、「稽古で身体を作るんだ」などと粋がっていましたが、振り返れば、それも若さに任せていただけ。選手生命を80歳までは保つ目標を持って、日々鍛えています。

 

さて、こんな、自慢だかなんだかわからない、ストイックな話を聞いて、「こいつ変態だな」と思った方、その通りです。

 

何が言いたかったかって、

「ブログのご無沙汰はお許し下さい」m(_ _)m


怒涛の日々2

前回の続きです。

 

『通盛』のツレは、平通盛の妻・小宰相の局役。第一声で夜の鳴門海峡の景色を作り上げなければなりません。他曲には見られない節(メロディー)が数々あり、この役の重要さを表しています。『松風』のツレのように、シテとの同吟が続く、責任ある役で、心して稽古しております。

 

翌週の『邯鄲』は、夢の中で帝王となり、50年の栄耀栄華を極めて大宮殿で舞を舞いますが、夢から醒めるとただ粟の飯が炊ける束の間のことだった、という、「悟り」と裏腹な「無常感」を伴った名曲。凜太郎は、舞人として、私の夢の中に登場して舞を舞います。

 

この『邯鄲』が済んだら、食事の間も無く帰京し、翌朝からイタリアへ発ちます。8日間の旅程で、『翁』の千歳を2回と、『復活のキリスト』のマグダラのマリア役1回。全て家元のシテによる相手役で、光栄なことです。

 

『翁』は、各役とも、1ヶ月乃至7日間の別火精進をして身を清め、肉食・飲酒・女色を避けて臨む、「能にして能にあらず」と云われる神聖な神事の曲。イタリアに行っても、私は残念ながらワインは楽しめません。

 

『復活のキリスト』(宝生九郎作)は、54年振りの上演となる、宝生流公認の新作能。シテはキリストで、私の勤めるツレは、マグダラのマリア役。今回、家元とご相談しつつ、新たな演出を作りあげていく作業に時間をかけました。

今まで、辰巳満次郎師の数々の新作能では、4曲ほど大事なツレを勤めさせて頂いておりますので、少しその経験が役立っているかもしれません。

 

6月末に帰国すると、いよいよ演能空間の『自然居士』に専念。人買いから足許を見られて様々な芸を要求されますが、両親の追善のために我が身を売った少女を救わんと、散々に痛ぶられながらも、芸を見せ続けます。舞うことに生き甲斐を感じる私としては、大変やり甲斐のある曲。

同時上演の凜太郎の能『花月』も、『自然居士』同様、芸づくしで、お客様を楽しませます。


怒涛の日々1

ブログの更新が滞るのには、私にしかわからない理由がありますので、いい訳にしかなりません(まあ、いつものことですね)。

去る5月中旬には、能『巴』を勤め、その後、涌宝会大会(私の社中発表会)の為に、お弟子さんの最後の詰めの稽古。

涌宝会大会にては、私自身も舞囃子『氷室』と『巻絹』を勤めました。

それに加えて、下記の役を並行して稽古してきました。

明日から7月にかけて、更に以下の怒涛の日々が続きます。

 

◆6月11日(日)能『通盛』ツレ(月並能 宝生能楽堂)

◆6月18日(日)能『邯鄲』シテ(名古屋宝生会定式能 名古屋能楽堂)

◆6月21日(水)『翁』千歳(イタリア・ヴィチェンツァ古典フェスティバル オリンピア劇場)

◆6月23日(金)『翁』千歳(イタリア・バチカン勧進能1日目 カンチェレリア宮殿)

◆6月24日(土)復曲能『復活のキリスト』マグダラのマリア役(同上 2日目)

◆7月23日(日)能『自然居士』(第4回 演能空間 宝生能楽堂)

名古屋の『邯鄲』の子方は凜太郎で、演能空間の『自然居士』の他のもう1番は、凜太郎のシテによる能『花月』です。

【つづく】