『鷹姫』2回目

昨日は、新作能『鷹姫』2回目の立ち稽古。

主宰の山井綱雄師(金春流)をはじめとして、桜間金記師(金春流)、観世喜正師(観世流)、宝生和英師、ほか、コロス(岩役)の面々が揃い、一通り通し稽古。

新作能ですから、通常の能とは違って、入念な稽古が必要。ああでもない、こうでもないと相談しながら作りあげています。演出家の木村龍之介氏がいらっしゃるので、客観的に全体を見て的確な指示のもと動いていきます。

 

新作能に限らず、通常の能も演出家がいた方が良いのでは、と思うときが多々あります。個々の客観性に頼るのは限界があります。また、能楽師同士では、必ず上下関係が舞台上にも出てしまい、上の方が物申すと他は思うことがあっても黙るしかない、という忖度が働くことが多いのです。

ですから、能楽師ではない演出家が客観性をもって申し合わせ(リハーサル)を見て、観客の立場で忌憚ない物言いをしてもらう。これができると、もっと良い舞台をお客様にご提供できるのでは、と日頃考えています(考えているだけで、これを言うとおそらくかなりの反発が予想されるので・・・)。

 

我々コロスは、同吟の箇所は金春流で謡うため私は難儀します。金春流・喜多流・宝生流・ワキ方宝生流・狂言方大蔵流の面々8人の混成ですから・・・。

 

今日は、兵庫県芦屋市の、文化庁学校巡回公演の為、日帰り新幹線車中。つい数日前も、東京⇄新神戸を日帰りしました(TTR能プロジェクト)。ご縁があります。


ひと息

今日は、金春流太鼓方・大川典良師のご社中発表会「東耀会」(矢来能楽堂)にて、舞囃子『巻絹』を舞い、地頭3番を謡ってきました。

 

一昨日の能『清経』(夜能)、昨日の舞囃子『八島』(TTRプロジェクト)、本日の舞囃子『巻絹』と続いていましたので、帰宅してやっとひと息つけて、緊張がとけた感じです。

 

舞台の機会があることは役者として本当にありがたいことです。

次の舞台出演(装束を着けて勤めるもの)は、10月15日(金)国立能楽堂にての能『春栄(しゅんえい)』のツレです。最近はシテを勤めるよりも、ツレを勤めるときの方が神経を使って疲労するのです・・・。

 

明日は桐生のお弟子さんの稽古。カーシェアで車を借りて行ってきます!


『清経』ありがとうございました

昨日、「夜能」にての能『清経』、おかげさまで無事済みました。

声優の細谷佳正さんによる『清経』の朗読を聴きながら装束を着けられて、よく知っているストーリーながら心打たれて涙しました。

お客様にとっても、能を観るにあたって、より共感ができたのではないかと思います。

 

終演後、すぐに着物に着替えて、プレミアシートご購入の方向けのメッセージ動画の撮影、そして、10月9日より始まる昨日の夜能の有料動画配信のみで見られる特典映像の、細谷佳正さん、宝生和英さん、和久荘太郎の3人での打ち上げトークを録画しました。

話は尽きず、23時過ぎまで掛かりました。昨日の夜能をご覧になれなかった方はもちろんのこと、昨日ご来場いただいた方もぜひ動画配信をご視聴いただければと思います!

こちらをクリックしてください

 

今日は、神戸市の湊川神社にてのTTR主催の催しに向かっております。


能『清経』申合せ

今朝、能『清経』の申合せが済みました。

 

本番は、明後日の24日(金)夜の「夜能」。

気力、気合十分、体調も万全です。これを明後日まで維持しなければなりません。休めば良いというものでもないし、この年(46歳)になると、若いときのようにがむしゃらに稽古し過ぎても必ずしも良い結果にならないし。難しいところです。


最奥『姨捨』

今日は、「田崎隆三・甫 二人の会」が催され、盛会でした。

 

私は、能『姨捨(おばすて)』(シテ 田崎隆三)の地謡と、仕舞『熊坂』(シテ 宝生和英)の地謡で出演しました。

『姨捨』は「三老女」の一つ。『関寺小町』『桧垣』の2番は、宝生流では素謡はやりますが、能は「不相勤(あいつとめず)」といって、明治以来上演しないことになっています。よって、『姨捨』は宝生流にとって最奥(さいおう)の曲。誰もが舞える曲ではなく、10年に一度出るかどうか、というところですので、この機会に地謡に付けていただいた事は大変ありがたいことです。

 

次回はいつ上演されるでしょうか・・・。

 

お客様も、我々演者も、能は「一期一会」です。見逃した舞台は二度と戻ってきません。映像で見ることができたとしても、それは残念ながら本当の魅力を半分も伝えることはできません。

そのつもりで我々も、一番、一番を大事に勤めるべきなのです。


響声破笛丸料

これ、「響声破笛丸料(きょうせいはてきがんりょう)。漢方薬です。

 

ここのところ、声の調子がずうっと良くなくて思い悩んでいましたが、これを飲んだら急速に回復!

薬局のオヤジに勧められて。飲み方も教わり、少量のお湯に溶かして、うがいをしながら飲むと良いとのこと。

箱にうたってある通り、「しわがれ声」だったのが徐々に楽に発生できるようになってきました。現在の私の症状に合致したのでしょうね。

 

同じような症状で悩んでいる方にオススメです。


鑑賞教室三昧

今週は鑑賞教室三昧(私が)。

 

連日、国立能楽堂にて「能楽鑑賞教室」が開催され、能・狂言上演前の解説(と地謡・後見)を担当しています。

 

しかし今日だけは、名古屋能楽堂にての「名古屋市小中学生鑑賞教室」。名古屋に向かっています。日帰りにて明日も国立能楽堂にて解説。

 

このコロナ禍で舞台をさせて頂くこと、またこのようなときでも文化を忘れずに能楽堂にご来場頂くお客様には心から有難いと思います。

 

名古屋の鑑賞教室の後は、ある大きいプロジェクト2件の会議。いずれも、本年と来年の名古屋宝生会関係です。近いうちに公開致します。乞うご期待。


プロフィール写真

これが、先日近所の写真館で撮っていただいた新しいプロフィール写真。

 

恥ずかしくて私は直視できません。

 

なんとか、次の6年間はもたせたいものです‥。


錣引き

今年もこの兜の登場。息子(中3)が産まれたときのもの。伝・源義経のレプリカです。

 

この兜の緒の房が、ウチの猫たち(十郎と五郎)はかなり気になるようです。

数日前に飾ったときから二匹とも、ちょいちょい手を出そうとしてはいたようですが、猫には届かない高さのため油断していたら、ついに今朝、十郎が兜を引き摺り落としたとのこと(妻・談)。

まさに「錣引き」(しころびき。能『八島』『景清』より)の再現。しかし、錣を引いたのは悪七兵衛景清ではなく「和久十郎祐成」。話が変わってしまいました。

 

さてさて、馬鹿話はこれくらいにして、明日も早いので菖蒲湯に浸かって寝ます。


白藤

数日前、近所の花屋さんにお仏壇の花を会に行くと、店頭でこれが超破格で売られていたので、衝動買いしてしまいました。

 

道行く人が皆立ち止まって

「きれいねえ」

と惚れ惚れとして見ていました。

 

しかし即売されなかったのは、おそらくその大きさ。結構な高さ(120センチ以上)があり、枝ぶり良く横にも広がっているので、ご年配の女性には運べないのかと。

 

私はジャケットスタイルでもなんのその。肩の上に軽々と担いで持ち帰りました。

 

信号待ちしていると、

「あら、あの藤売れちゃったわ!」

という聞こえよがしな声がチラホラと。皆さんすみません。