和久荘太郎 演能空間

h2_intro

夢枕に立った、熊坂への弔いの念を込めて。

前回(第6回)の演能空間は、能『烏帽子折』にて、私は大盗賊・熊坂長範の役を勤め、
最後は牛若丸に斬り倒されました。その3日後、熊坂が私の夢枕に立ち、
私に向かって押し黙って合掌するのです。まるで「弔ってほしい」と訴えるように。
床から飛び起き、急ぎ今回の番組を企画いたしました。
能『熊坂』は、『烏帽子折』の後日談。
熊坂の幽霊が旅僧の眼前で牛若丸との戦いの様子を再現しますが、
実際の舞台上に牛若丸は出て来ず、仕方話(一人芝居)で長刀を振るいます。
今回は、熊坂の供養のつもりで勤めさせていただきます。

2019年 第六回演能空間「烏帽子折」公演より

第七回演能空間チラシ

演目解説(18時30分)和久荘太郎(宝生流能楽師)/金子直樹 (能楽評論家)
狂言「文山賊」
(19時頃)
シテ(山伏) 前田晃一 アド(山伏) 三宅近成 後見 金田弘明
〈休 憩〉
能 「熊 坂」
(19時30分頃)
前シテ(僧・実は熊坂の幽霊)・後シテ(熊坂長範の幽霊) 和久荘太郎
ワキ(旅の僧) 御厨誠吾
アイ(所の者) 前田晃一
笛  熊本俊太郎 小鼓 田邊恭資 大鼓 安福光雄 太鼓 澤田晃良 
後見 髙橋憲正 / 内藤飛能
地謡 水上優 / 小倉伸二郎 / 東川尚史 / 藪克徳
   當山淳司 / 金森良充 / 川瀬隆士 / 田崎甫
終演予定(20時40分)
img_appli

チケットのWEB予約はこちら カンフェティ予約

<会 場>
矢来能楽堂
Tel : 03-3268-7311
〒162-0805 東京都新宿区矢来町60
● 東京メトロ東西線「神楽坂」駅 2番出口(矢来口)より徒歩2分
● 都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂」駅 A1出口より徒歩5分

[ご注意]◆ 入場料はすべて税込料金となっております。◆ 上演中、見所内での録音、録画、撮影は著作権、肖像権の侵害にあたる場合がありますので、固くお断り申し上げます。◆ 都合により公演の一部(出演者・曲目等)を変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。◆ 未就学児の入場はご遠慮ください。◆ 能楽堂には駐車場がありませんので、お近くのコインパーキングをご利用ください。