形見分け

長い巣ごもり生活で、家族4人ともいつも家にいて、3食全て自宅で、となると妻も大変なので(申し訳ないけど相変わらず私は作っていません)、せめて昼食だけは、と、息子(中2)や娘(小6)が作ってくれるようになりました。成長を感じます。

ここ1ヶ月半くらい、料理から片付けまで、2人とも本当によくやってくれたので、先日、私が歯医者の定期検診から帰った時にお小遣い(1,000円ずつ)を2人にやりました。お父さんからお小遣いをもらうことが余程珍しかったのか、いたく喜んでくれました。

 

その翌日、妻が子供たちから、ある相談を受けたそうです。

「お父さん、もしかして死ぬんじゃないか」と。

 

聞けば、「歯医者から帰ってきたら、いきなり2人にお小遣いをたくさんくれたから。」と。

歯医者で何か重篤な病気が見つかったのでは、と勘ぐったようです。形見分け⁈それ、冗談?本気?(皮肉?)

 

確かに、私からお小遣いをあげたことはほとんど無かったかもしれません。そんなに珍しいことだったのか・・・。たまには手ずからあげなきゃね。


オンライン稽古③

スマホは、長時間オンライン稽古をしていると直ぐにバッテリーが熱を持ってきます。最初はスマホのみでやっていたのですが、このままでは寿命が短くなると確信し、パソコンの使用に変更しました。しかし当節、子供達も学校や塾のオンライン授業があるために、我が家に2台あるノートパソコンだけでは賄えず、iPad proをオンライン稽古用に購入し、ますます快適。

iPad pro、iPhone、パソコン全てに対応する有線マイクも購入し(まだ届いていませんが)、お相手に出来るだけ良い音をお届けする様々な工夫を考えて実践しております。

 

な~んて、また悪い(良い?)癖が出て、色々と凝りだしてしまいましたが、そろそろ、オンラインではない、通常の稽古ができそうな予感。まあ、必ず来るであろう次の緊急事態宣言期間には直ぐにオンライン稽古で対応する、という準備ができたことは大きな収穫。

あるお弟子さんに「オンライン稽古ができることによって、また様々な可能性が広がるのでは」と言われ納得。確かに、体調不良で稽古をお休みになった方には、後日オンライン稽古での代替も可能だし、例えばご遠方(外国でも!)のお弟子さんにも稽古を止めずに続けていただくことができるようになるかもしれません。実際、しばらくお休みだった米沢(山形県)のお弟子さんもオンライン稽古をお始めになったし、今年アメリカに移住する学生さんにもこのまま続けてもらえるかもしれません。

 

私は、転んでもただでは起きません。


オンライン稽古②

LINEならば、最近はスマホを持つ方ならば老若男女問わず使っているようですので、最初はLINEのビデオ通話から始めました。

「お約束の時間前に謡本を前に置いて、スマホを立てかけて向き合っているだけで大丈夫ですから」とお伝えして、先ずは15分間ほど稽古(謡のオウム返し)の使用に堪えるか実験。それで可能ならば、他日を約して実際にオンライン稽古開始。

 

拙宅は、1階の居間にWi-Fiルーターがあり、離れた3階の舞台はやや電波が弱かったので、Wi-Fi電波の中継器をビックカメラ(もちろんオンライン)で購入して2階の息子の部屋に設置。電波は完璧です。

 

お相手によっては、LINEではなく、zoomやSkypeはたまたFace TimeやGoogle meetを最初から希望されて、それらに対応するうちに私自身が勉強になりました。そしてそれらを応用して、今はやりの「オンライン飲み会」を友人たちと開催したり、仕事上の打合せをしたりしてスキルアップ。

 

LINEは気軽に始めるにはとても良いツールですが、どうも最近このような状況下で人気なのか、繋がりが悪い時間帯があると感じ、趨勢のLINEからzoomへ移行のお願いを皆さんにしています。

zoomは画質も音質も良く、使用も慣れてきました。少し注意が必要で、zoomは、大きい音(声)を出すと、マイクが自然と集音のレベルを落とすようで、その対策を調べて、私自身のスマホやパソコンに設定。すると、お相手に快適に聴こえるようになったようです。お声が大きいお相手にもその設定をお願いすることで、こちらも聴きやすくなります(「オンラインレッスン」で検索すると有益な情報が出てきます)。


シャガの花

拙宅の庭のシャガの花。小さくて可憐です。

 

シャガの葉。昨年、久良岐能舞台がある久良岐公園からいただいてきたものが庭に根付いて、地下茎でだいぶ増えました。

 

能『敦盛』『草薙』などの、草刈り男役の持ち物として、シャガの生花(葉)を竹の棒に挟んだものをその都度作ります。

 

昔は、能の家の庭には、シャガの他に笹、木賊(とくさ)、薄(すすき)などを植えて、舞台の小道具として自前で用意したということを聞いていますので、昨年シャガを植えてみたら、葉のみを鑑賞しても涼しげで良いのですが、花がこんなに可憐だとは。

 

笹や木賊は、シャガ同様地下茎で広がりますが、繁殖力が並大抵ではないので、一度植えるとあとが困るのでやめておきます。


スノームーン

今日はスノームーン。2月の満月をそう呼ぶそうです。

 

月並能で『錦戸』の立衆を勤めた後帰宅して、晩ご飯を食べながら、娘が「久しぶりに屋上に星を見に行きたい」と言ったので、天体望遠鏡を持って屋上に繰り出したら、たまたま素晴らしい満月。

早速スマホで調べたら偶然今日がスノームーンとのこと。娘が自分のカメラで撮影しました。


学生能の会 盛会にて!

本日先程、名古屋能楽堂における「学生能の会」、大盛会でした。ご来場頂きましたお客様、有難うございます。

 

またこの度は、先輩方からのご出資やお祝い、また一般の方からのクラウドファンディングによるご支援、ご声援などなど、皆さまの応援によって、学生さんたちも心から励まされたようです。私からも感謝申し上げます。

 

来年は、2月13日土曜日に名古屋能楽堂にて催すそうです。今後とも、叱咤激励のほど、何卒宜しくお願い致します。


橙白会(辰巳大二郎師ご社中発表会)

本日は、飛鳥舞台(自宅舞台)にてお弟子さんの稽古のあと、矢来能楽堂にて「橙白会(辰巳大二郎師ご社中発表会)の申合せ。

来週2月11日(火祝)が本番です。

 

大二郎さんは、辰巳孝門師のご長男で、故辰巳孝師のお孫さん。満次郎師の甥御さんにあたります。

昨今、合同で発表会を催すことが増えているなか、独り立ちして催すこと、後輩ながら立派、と感服しています。

私も、家元(先代英照宗家)から独立してからは、矢来能楽堂で自分のお弟子さんの小規模の発表会を何度も催していました。そして「いつかは宝生能楽堂で!」と、お弟子さんたちとともに夢を持って歩んできて、現在があるのです。

 

舞囃子の申合せ5番も、みなさんしっかりした指導を受けて、きっちりと舞い努めているのがよく伝わりました。本番が楽しみです。懇親会も楽しみ。


最終稽古 学生能の会

昨日は、名古屋(桜山)のお弟子さんの稽古の後、愛知教育大学に行き、2月8日土曜日に控えた学生能の会の最終稽古。

 

そして本日は、先日亡くなった恩師の仏前にお参りに伺い、これから名東高校に向かい、やはり大詰め稽古。舞囃子『安宅』を高校生だけで、シテ・地謡・囃子も全て努めます。

 

大学生も高校生も皆、ほぼ出来上がっているので総仕上げです。

 

大学生の能『羽衣』と舞囃子『高砂』、そして高校生の舞囃子『安宅』は、学生の力でここまでできるものか、というくらいよく出来上がっています。あとは、当日に向けての体調管理が大事。

 

2月8日土曜日名古屋能楽堂。入場無料です。ご来場をお待ちしております!


春の和花

早いものでもう2月。お久しぶりです。心身共に元気いっぱいで過ごしております。

 

おかげさまで良い年を迎えることができ、家族で京都旅行などができた正月でしたが、7日に私の恩師が亡くなったため、喪に服す気持ちで投稿を控えました。いずれこの恩師のことについては、お話しするときがくると思います。

 

その後も慌しい日々を過ごし、能『絵馬』(名古屋宝生会定式能)も無事舞い勤め、様々舞台が続きましたが、やっと昨日は少し休みが取れました。

 

自分の稽古やたまった事務作業、夜は家族で妻の誕生日パーティー。本当は来週なのですが、舞台の為家にいませんので、1週間先取りでお祝い。

 

日中、近所の巣鴨の地蔵通りに季節の良い和花が出る花屋を見つけ、いくつも衝動買いして庭に植え付けました。

緒環(オダマキ)。紫色の花が愛おしい。つぼみから今か今かというエネルギーを感じます。

 

水仙(スイセン)。芳香が素晴らしい。1輪ですが、おそらく球根で増えていくのでしょう。来年も楽しみです。

 

沈丁花(ジンチョウゲ)。花が咲くと香りが楽しみです。

 

梅。狭い庭なので、あまり大きくならないように剪定していかなければ。

 

土いじりをしているときは、日常の些末なことはすっかり忘れています。これは趣味と言って良いかなあ、と思い始めています。


謹賀新年

あけましておめでとうございます。

昨年中は、皆様には大変お世話になりありがとうございました。

本年も、良い舞台をお見せできるよう精進いたしますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

和久荘太郎