能『巻絹 五段神楽』を舞います

 

本年9月8日(水)に、能『巻絹・五段神楽』を勤めます。詳細はこちらをクリックしてご覧下さい。

会場は札幌市教育文化会館。なんと北海道札幌市です。

私は、札幌にはお弟子さんはいなくて他にも全くご縁はありませんが、主催の京都芸術センターさんや、もう1番の能『葵上 梓之出・空之祈』のシテを勤める深野貴彦さんが、流派立合いのお相手に私をご指名頂き、お役を付けて頂く運びとなりました。誠に光栄なこと、気を緩めず勤めたいと思います。

 

今回『巻絹』は「五段神楽(ごだんかぐら)」という小書(こがき。特殊演出のこと)付き。常の「神楽」という舞の部分が、「五段神楽」に変わります。

(別名「総神楽」「惣神楽」「草ノ神楽」とも言います。いずれも同じことです。)

普通の「神楽」は、三段目から神舞の譜になるのですが、「五段神楽」は神舞の譜にならずに最後まで特殊な神楽の譜のまま通します。また、途中緩急が付きます。

そしてこの小書が付くと、「五段神楽」のあと、終曲が近づいたあたりで「破之舞(はのまい)」という短い舞が入ります。

 

能の笛の流派は三流派(一噌流・森田流・藤田流)あり、この「五段神楽」は三流派ともそれぞれ特徴的な、似て非なる譜を持っています。私は過去に三流派ともこの「五段神楽」をお相手しているのですが、それぞれの良さがあると感じます。

中でも今回お相手頂く「藤田流」の笛は、古くは尾張藩お抱えの門外不出の流派で、良い意味でガラパゴス的な特徴を持っています。私は高校生のとき藤田流の笛を稽古していましたのでそれをあまり感じませんが、名古屋以外の土地の方が藤田流の笛を聞くと、大変驚かれます。

 

今回、名手の呼び声高い、竹市学(たけいちまなぶ)さんにお願いしたので、この「五段神楽」を聞くだけでも大変興味深いことだと思いますので、ご遠方の方も多いと思いますが、ぜひご旅行ついでにご来場頂けましたらと思います。

 

実はこの催し、ちょうど一年前に開催予定でしたが、まだチラシもできないうちにコロナ禍の為延期となったリベンジ公演なのです。

 

観世流の深野貴彦さんと私の意気込みコメントはこちらをご覧下さい。